最近のトラックバック

春期講習会

2013年2月24日 (日)

2013年春期講習

2013年度 春期講習

ゆとり教育が終焉し、児童や生徒が学ぶべき項目が増大しました。学校での生活は、一見何も変わらないかのような光景が続いておりますが、水面下では学力格差が急激に拡大しています。

進学校と普通高校の学習内容の差は、ますます広がり、その格差が大学や短大の進学率のパーセントではなく、進学先の質や就職先の待遇の差になって現れています。

経済格差が幸福感の阻害になっています。有無を言わさず、個々人の能力が選別されている現代社会に於いて、必要なものは学力です。

大験セミナーは、書く力、考える力を鍛えます。小手先のテクニックや要領のいい勉強は伝授しません。苦労して身についた学ぶ力こそが、未来の力となると信じているからです。

今年もまた春がやってきます。新しい学年の挑戦が始まります。頑張りましょう!

《日時》3月21日・22日・23日・26日・27日・28日・29日・

    30日4月2日・3日の日程より7日間を選択。

    時間は午前の部が9時30分~12時・ 午後の部が1時~330

     *都合の良い方を選択して下さい。部活で都合がとれない日は

      夜の時間帯を利用してもかまいません。

《費用》新小学6年生・・・12000円(附属入試対応)

    新中学1年生・・・7000円(5教科プリント演習、指導)

    新中学2年生・・・7000円(5教科プリント演習、指導)

    新中学3年生・・・10000円(春期ワーク演習、指導)

    新高校1年生・・・内部生及び、入塾する生徒のみ対象で無料

    新高校2年生・・・7000円(大学受験英語指導)

       新高校3年生・・・7000円(大学受験英語指導)

       

       *新高校1年生は合格した高校から出題される宿題を持参し、演習して下さい。

        教科に関係なく質問にお答えします。

《定員》学年に関係なく、午前・午後それぞれ10名の定員とさせて頂きます

    お申し込み 大験セミナー 0191-23-0824 

2012年2月21日 (火)

春期講習会を行います

2012年春期講習を実施します。

昨年は震災のため受講者が一人だけの講習会でした。ひび割れた教室の壁、波打ったままの道路、復旧しない鉄道。いつ供給されるとも分からないガソリン。

福島第一原発の放射能が舞っていることも知らず多くの方々が、自転車で市内をかけずり回っていました。そうしてもうすぐ1年が経とうとしています。

未だ見えない恐怖が続いています。しかし日常生活は紛れも無く1年のルーティンを消化し、いつものように入試が行われ、そして生徒たちが、それぞれの旅立ちを迎えます。

昨年は、中学を卒業した塾生たちの多くが、高校生になっても塾に残ってくれました。震災の影響で、新受験学年が入ってこない窮状を察して、残ってくれた塾生も多かったと思います。心よりご父兄の皆様には感謝申し上げます。

昨今の塾の春期講習は、生徒獲得のため、無料で行うところが増えてきました。しかし僕は無料という指導には賛成しかねます。お金を頂き、子どももそして僕もお金に感謝し、学びを共有することが僕は塾の大切な指導だと思っています。

したがって今回の講習会も、継続して頂く新高校1年生は別ですが、それ以外はしっかりお金は頂きます。但し、7日間7000円の勉強会ですので、夏期講習や冬期講習のような立派な教材は用意しません。プリントによる教科指導になります。ご了承下さい。

春期講習(春の寺子屋)要項

日時ーー3月21日(水曜)~3月30日(金曜)土曜・日曜を除く7日間

時間ーー午前10時から12時・午後1時から3時までの2コース

費用ーー7000円(教材費、・光熱費含む)

定員ーー午前・午後コースそれぞれ8名

対象ーー新小学6年生より新高校3年生まで

教科ーー小学生・中学生は全教科、高校生は大学受験英語指導

特典ーー4月以降継続して頂ける新高校1年生は、各高校で出される宿題を塾に持ってきて勉強して下さい。時間等は全く自由でいいです。春休みの間であれば、曜日も自由です。僕が手のあいているときに質問等をしていただければ助かります。無料です。

申し込みは大験セミナーまでお願い致します。(プロフィールをクリック頂ければ、連絡先等書かれています)

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ  このブログが一人でも多くの皆様の心に届いていただければ幸いです。

応援のワンクリックをお願い致します。

2010年2月22日 (月)

春期講習会2010年by大験セミナー

昨年同様非常にアバウトな春期講習会を大験セミナーは行ないます。決して指導がアバウトというわけではなく、日程と時間帯が自由に選択出来るという意味に於いてアバウトということです。

各小学校、中学校がそれぞれ春休みに突入しだい、春期講習会がそれぞれの学校にあわせてスタートします。時間は朝9時から夕方6時までの時間帯から、都合の良い2時間を選択してください。

計7日間の講習会になりますが、土曜日と日曜日だけは講習会はお休みです。それ以外の日程で都合のいい日を選んでください。

春期講習は受けたいけど部活の日程が合わなくて、という生徒さんには完璧に対応できると思います。費用は今年も安いですが、夏期講習や冬期講習のような立派な教材は用意しません。プリント学習による個別指導です。

希望者は講習会費を添え、お申し込みください。

期間・・・・各小学校、中学校の春休み期間(7日間)

時間・・・・土日を除く朝9時から夕方6時まで(2時間)

費用・・・・中学生、小学生(15000円)

指導方法・・・集団個別指導

定員・・・・・全体で20名になりしだい締め切らせて頂きます。

特典・・・・春期講習後内部生になる場合は入会金が半額になります。

flairお申し込み   大験セミナー 一関市磐井町7-4-16(一関一高すぐ前)

telephone電話 0191(23)0824                                       mail daiken@flute.ocn.ne.jp

bell通常ゼミの詳細は、このブログのプロフィールをクリックするとごらんいただけます。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ塾・予備校ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします o(_ _)oペコッ

2008年3月 2日 (日)

春期学習案内

 それぞれの塾の運営方針(戦略)があって、春期講習会や、夏期講習会を無料で開催する塾が近年増えてきた。

 賢い保護者の皆様ならばお気づきのことと思うが、そういった塾は通常の月謝や入塾金に、無料講習会の損失分を補填すべく、割高になっている。朝三暮四の格言のごとく、生徒や保護者の皆さんを無料というなの餌でおびき寄せるような営業方針は、一塾経営者として悲しくなってくる。

 前回のブログでも書いたが、塾生そのものを営業の担い手にする塾もある。これは昔から多くの塾がやってきた悪しき慣例であるが、塾生を講習会に誘ってくれたら、図書券3000円、などというやつである。ひどい塾になると現金が飛び交う。

 東京や地元で、そういった塾をずいぶんと見てきたが、ことごとく廃業していった。良識ある塾経営者なら、生徒募集をそういった形ではやらないだろうし、やれない。

 バブル時代、建築業の方や、酒屋さん、運送業屋さん、いろんな社長さん方が、フランチャイズの塾経営に乗り出してきたことがあった。何でもありの生徒略奪合戦が繰り広げられた。その頃の悪しき慣例に、いまだに引きずられている経営者が居るのかも知れない。

 我々塾教師は、勉強を教えてその代償して月謝を頂いている。実は成績が上がっても、上がらなくても月謝はもらうのである。もっと極端な言い方をすれば、受験に落ちたからと言って、月謝を返すわけでもない。

 国,社、数、理、英を教えるだけで月謝を頂こうなどと、そんな虫の良いことを考えていたら塾は即潰れる。学校教育が失いかけている(既に失ったかも知れない)somethingをそれぞれの感性と努力で掘り起こし、生徒に還元しなければならない。それが我々塾教師が、頂いている月謝に対してしなければならないことだと思っている。

 本を読むことも大切。音楽を聴くことも大切。入試の過去問を解きまくることも、分析することも。そしてそれを、それぞれの能力と志望校に合わせて適切に提示して行くことも。

 塾教師はいろんな役をこなさなければならない。その日の生徒の空気感によっては、怖い頑固爺であったり、やさしいおじさま(・・笑い)だったり、お笑い芸人だったり、ミュージシャンだったり、ちょっと宇宙人(?)だったり、塾教師とはそういうものだと私は思っているし、そうやって25年間教室でこども達と時間を共有してきた。

 そんな私に、塾生の皆さん、保護者の皆さん、講師の先生、今後ともおつき合い頂けますように。 

               【春期学習会のお知らせ】

 3月24日(月)~4月1日(火)の間、3月29日と30日を除く7日間の日程で春期学習会を開催致します。対象は新小学6年生~新中学3年生です。指導時間は午前10時~夜8時までの時間帯で2時間を選択して下さい。費用は教材費込みで、小学生12000円、中学生は15000円です。

  申し込み 大験セミナー  岩手県一関市磐井町7-4-16 

    ℡0191(23)0824        daiken@flute.ocn.ne.jp

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ