最近のトラックバック

塾生からのメッセージ

2015年3月27日 (金)

新年度入会者受付中!

今日は暖かかった。春期勉強会が始まり、毎日朝9時から夜9時まで教室にいるものだから、外の気配に鈍感になってしまっていたが、今日は暖かさに誘われ、生徒が途切れた夕暮時に、磐井川の土手を散策した。

20140902_175330


須川岳のシルエットが夕暮れの西の空に浮かび、春を思わせる暖色の空が、広がっていた。もうそろそろ蝙蝠(こうもり)が飛び交ってもいい季節のようだが、まだ今年は目にしていない。

そういえばいつの間にか白鳥が姿を消した。川べりの木々もちらほらと新芽をのぞかしている。昨日から新年度の月謝袋を塾生に配布している。秋には消費税がまた上がるようだが、今年も値上げをせずに頑張りたい。そのためにも新規の入会者が入って欲しい時期である。

親戚、知人、友人のご子息が塾をお探しなら、どうかかねごん塾をご紹介頂けば幸いです。大手の塾のようにテレビCMどころか、例年のことながら新聞折り込みもままならぬ零細塾ですが、生徒を指導する情熱は大手には負けません。

なにとぞ大験セミナーをよろしくお願い致しますm(_ _)m。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

新年度のカリキュラムのご案内➡大験セミナーHP

2009年2月16日 (月)

塾生投稿第二弾

     『大験パワー』

私は一月十九日に学院を合格することが出来ました。その時、すごく嬉しくて泣いてしまいました。

なぜ学院にしたのかというと、他の学校にないコース別の授業が受けられ、将来は福祉関係の仕事につきたいと考え受験しました。

私は自己推薦で受験したので作文と面接でした。

作文の練習では、かねごん先生が一生懸命に私に教えてくれたおかげで、コツを掴むことができ、原稿用紙いっぱいに書けるようになりました。

色々な題をだしてもらい、力をつけることが出来ました。

私が塾を辞める時に、かねごん先生が「色々な事頑張れ」と言ってくれて、とても嬉しかったです。

その時私は、受験が嫌で何もやる気が起きない時だったのですが、その言葉のおかげで、自分を応援してくれる人もいるんだから頑張ろうと思うことが出来ました。

受験が近づいて来た時に友達から、「先生から合格鉛筆預かってきたよ」と言われたときに、かねごん先生に力をもらった感じがしました。

受験の日に、合格鉛筆を見て、頑張るぞと気合が入りました。先生に教わったコツをいかして作文を書くことが出来ました。

私が学院に合格できたのは、先生のパワーのおかげだと思っています。最初に友達の勧めで大験セミナーにきた時は、面白い先生だなと思っていました。

塾に慣れてきた頃に、私のちょっとした悩みを聞いてくれたり 面白い事を言ってくれたりした時に、ものすごく優しい先生だと思いました。

二ヶ月ちょっとで辞めてしまいましたが、大験セミナーに来てよかったと改めて思いました。

どこの塾に行っても金田先生みたいな先生はいないと思います。

先生のパワーは、私に力をくれました。先生には、とても感謝しています。

大験セミナーは最強です。 笑

(かねごん)

Aさんは雪の降り積もる中、お母さんの車に乗せられてわざわざ『大験セミナーわくわく日記』に投稿しますと言って原稿を持ってきてくれた。指導が終わり、教室でじっくり読んだ私は、不覚にも涙がこみ上げてきた。高校に受かった喜びが真摯に伝わってくる、こんなに純朴な文章を見たことがない。塾教師を続けてきて良かったと思う一瞬である。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ塾・予備校ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします o(_ _)oペコッ

2009年1月28日 (水)

MESSAGE

私立高校と国立高専の推薦組が合格を勝ち取り、今月で当セミナーを卒塾して行く中3生が何人かいる。卒塾にあたり男子生徒のY君より『大験セミナーわくわく日記』にコメントをもらった。本人に了承をいただいたので、下記に貼らせていただく。

中学校生活は足早に過ぎ、「受験シーズン」という言葉が世の中では囁かれています。

私は受験を人生の扉だと思っています。その扉を開かないと前には進めないし、ただ立っていても何もかわらない、どうしても向き合わないといけない扉だと思います。その扉を開くには日々の努力が実ってこそ開く扉だと思います。私はまず、この考えをこれから受験する人にもちろん、一、二年生や受験が終わった人にも伝えたかったです。

私が大験セミナーに入ったのは、去年の9月頃でした。初めは塾は皆同じだと思っていました。言われたことだけやっていれば、それで良いと思っていました。しかし、この塾は、私が思っていた空気とは全然違うものでした。分からないところの説明は丁寧で明瞭、そして先生のおおらかな優しさと塾生を盛り上げてくれる人格の良さ、その時、私はこの先生の活気が塾生のやる気に変えてくれるのだなあ~と思いました。

また、冬期講習は、私が初めて勉強が楽しいと思いました。皆と話をしたりしながら勉強した二時間半は濃密で、今までの勉強とは一味も,二味も違った楽しい時間でした。たまには差し入れもあったりして、他の塾とは違った冬期講習でした。是非皆さんにもこの空間を堪能して欲しいと思います。

最後に、私はこの塾に通えて本当に嬉しく思っています。この塾は生徒のことを大切にしてくれる先生がいます。時には、塾外のことにも親身に相談にのってくれました。

こんな素晴らしくてユニークな先生がいる塾は、何処にもないと思います。このブログを見ている人は是非この塾に通って、今までのつまらない勉強から、楽しくて尚且つ学力も上がるこの塾に来て欲しいと思います。

(かねごん)

Y君コメントありがとう。そして志望校合格おめでとう。推薦の論文にも書いていたように、自分の夢に向かって、突き進んでください。君が言うようにまさに努力は人生を開いていく扉です。自分の能力を信じ、頑張ってくださいね。相談事があるときは遠慮なく塾の扉も開いてください。本当に貴重な時間を割いてコメントを書いてくれてありがとう。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ塾・予備校ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします o(_ _)oペコッ

2008年3月15日 (土)

塾生からのメッセージ

                 僕と受験

 去年の4月、「いよいよ今年は入試か」と心の中でため息をついてから早一年。今では受験も終わり、もうすぐ卒業を迎える。今、高校入試を終えて思うことは、勉強をしてきて本当に良かったということだ。

 受験に向けて頑張ったことで、学力以外のことでたくさんのことを学んだ。例えば勉強の仕方だ。毎日少しづつでも続けることが、自分の能力を確実に高めてくれるということだ。

 継続は力なりという言葉の意味が、受験勉強を通じてよく分かった気がする。勉強やスポーツをやってきたものならきっと分かるはずだ。僕はもう一つ気づいたことがある。精神面についてだ。

 人間は時に自主的に、一つのことを続けることが苦手だ。しかし続けることによって、心は養われる。そしてそれは、結果的に自分の自信へとつながる。テストの時は誰にも頼ることが出来ない。そんなときに、何が自分を支えてくれるのかを是非考えてみて欲しい。

 何かをやり続けることは、自分に力を与えてくれる。これは本当に実感したことだが、特にスポーツをやってきた人は、週一回でいいから一時間なら一時間みっちり体を動かした方がいい。体が怠けると気持ちがゆるみ、勉強も集中して出来なくなるからだ。集中して出来ない勉強はやっても効果が少ない。そんなときは、すぱっとやめて寝た方がいい。

 今しみじみ思うことは、受験に向けて自分はたくさんの人に助けられたことだ。両親はもちろん、学校の先生や友達、塾の先生など、「どうだった?」「大丈夫だったか?」等々、聞かれるたびに自分はこれだけの人達に支えられていたのだとつくづく思う。

このブログで述べるのもなんだが、僕の通った塾は良いところだった.用事があればすぐに時間を変更してくれるし、何よりも先生は親しみやすい。ユーモアというべきなのか、とても不思議な先生だ。市内の生徒はぜひこの塾を体験してみて欲しい。今の僕のように心から感謝の気持ちをのべたいと思わせる塾だ。

 僕の中学校の先生に「受験は団体戦だ」と言った先生がいた。本当にその通りだと思う。友達同士互いに支え合う意味でも、今までにたくさんの人々に支えられた意味でも、自分が一人では無いことを痛感する。

 人には必ず変わらなければならない時がある。その一つが受験なのかも知れない。これから受験を目指す後輩諸君は、ぜひ考え、悩み、乗り越えていって欲しい。

 おそらく中学3年生という一年間は、人生に置いて最高に輝ける年月の一つだと思うから・・・・・。    By 十綾

 かねごん

 大験セミナーわくわく日記の執筆者を交代したいぐらい素晴らしい文章だ。また私の塾をさりげなく宣伝してくれているところがまたいい(・・・笑い)。彼は中1の時から塾に通って来てくれた。そしてこうやってわたしのためにブログに投稿までしてもらった。十綾君ほんとうにありがとう。こちらこそ感謝で一杯だ。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ