最近のトラックバック

« 僕が草刈りをやっていると必ずやって来る相棒 | トップページ | 自慢じゃないけれど »

2024年5月11日 (土)

偶然の融合

B144b46248414fe8a90b8c78b6ecc3ff

今朝は早起きをしてテーブルを作った。足に利用した欅の丸太も、テーブルにした欅の単板も、それぞれ違う方から頂いてもの。

グライダーをかけて、ニスを塗って仕上げたのだけれど、昔からここに鎮座しているかのような存在感である。

高さも板の広さも、まるで最初からこのテーブルを作るために切り出されたかのようなぴったりサイズ。まさに偶然の融合とでも言うべき頂きものだ。

この納屋のリフォームを始めてからと言うもの、このような偶然が頻繁に生じるようになった。築60年になる藁小屋を、還暦を過ぎた僕がリフォームしたのは、ひょっとしたら定まっていた運命なのだろうかと、ふと思うこの頃だ。

中学時代、技術家庭の木工も、美術の造形も全く下手くそで、通信簿は2か3だった僕が、まさかこんなにDIYにハマってしまうとは、実に人生は不可思議だ。

DIYだけじゃない。英語だってそうだ。中学時代1番大っ嫌いで、悲惨な成績だった英語が、自分の専門科目になって、短大や高校等で教えているのだから笑ってしまう。

中学校の成績なんて全く当てにならないし、中学生ごときに将来の職業を決めさせるのは極めて危険だ。せいぜい雄大な夢を語らせておくだけでいい。

 にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

« 僕が草刈りをやっていると必ずやって来る相棒 | トップページ | 自慢じゃないけれど »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 僕が草刈りをやっていると必ずやって来る相棒 | トップページ | 自慢じゃないけれど »