最近のトラックバック

« さりげなく頑張ってみる | トップページ | 天照大神が男神であっても女神あってもそんなに問題はないね »

2024年4月24日 (水)

消えゆくものたち

978103317cc94a37b4c505ef168c740f

あとしばらくすると寺子屋塾などと言うものはなくなってしまうのだろうと思うけれど、それ以上に消滅の危機に瀕しているのが酪農農家だ。

僕の住んでいる地域では昨年までにほとんどの酪農農家さんが廃業した。一生懸命にミルクを絞って出荷しても水より安いのである。やってられないよね。

労働の代価に合う収入がなければ皆んなやめて行くのは当然で、誰も暇つぶしに赤字経営をやっている人などいない。日本に於ける食文化は当然のことながら今やほとんんどが外国の輸入に頼っている。

日本の農業や酪農は価格競争には勝てなかった。果物にしても野菜にしても外国産の物流の前には沈黙せざるを得ない状況に追い込まれてしまっている。

地方に来て見ればわかるが、土地はいっぱいある。しかしそれを耕す人がいない。なぜいないのか。儲からないし、仕事がきついからだ。機械を買えば楽ではあるが、エアコン付きの大型トラクターなどは軽く1000万円を超える。借金こそ増えはするが、利益は上がらない。

塾もそうだ、生徒全員分のパソコンを備え、大手予備校と提携し通信衛星の授業を展開すれば、地方にいながらにして一流の講座を提供出来る。ただし僕の塾の月謝が間違いなく10倍以上に跳ね上がることは避けられないだろう。

僕が30代だったら勝負に出たかも知れない。残念ながら還暦を過ぎた僕に、設備投資の返済を完納する時間も体力も残されてはいない。

今ある体力と知力で、最大限の努力をして行くしかない。それでもダメなら、僕も消えゆくものたちの一員と言うことになるのだろうね。

 にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー


« さりげなく頑張ってみる | トップページ | 天照大神が男神であっても女神あってもそんなに問題はないね »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« さりげなく頑張ってみる | トップページ | 天照大神が男神であっても女神あってもそんなに問題はないね »