最近のトラックバック

« 久しぶりの登竜門 | トップページ | アトリエ風と虹 »

2024年3月 1日 (金)

こんな囲炉裏一つじゃやっぱ死ぬは

6c57c9c1f4ff421598856c16898ae950

他所から拝借してきた写真だけれど、僕が幼少期の家はこんな感じで、唯一の暖は囲炉裏の火。

実に寒かったと思うよ。遠い昔過ぎて記憶が戻ってこないけれど、厳冬期、吹雪の日は、この囲炉裏に天井の煙出しから雪が舞ってきたからね。それだけは覚えている。

薪を準備するたって、チェンソーなんていう高価なものは我が家になかったはずだから、ノコギリで切ったはず。大変な暮らしだったと思うね。今はチェンソーがあっても大変だからね。

家のお墓を見るとね、ご先祖のほとんどが12月に亡くなっている。分かる気もするね。寒過ぎだもんね。

今は各部屋にストーブがある。あたり前のことだけれど、こんな暮らしを経験してきた僕からすると天国だよね。

今更ながら昔の暮らしはサバイバルだったと思うよ。便利さが浸透した現代は今度はお金でサバイバルだけどね。灯油代が一冬で20万円なんて暮らし勘弁して欲しいよね。

薪ストーブをもらって、3年前から日々薪作り作業に勤しんでいるけれど、僕はどうやってもサバイバルライフから脱却できないようだ。

63b25df6aaaf4b2997f7460be84fd158

あと1ヶ月で新年度を迎える。来年度も新たなサバイバルな日々がやって来るんだろうね。頑張ろう・・・

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

« 久しぶりの登竜門 | トップページ | アトリエ風と虹 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶりの登竜門 | トップページ | アトリエ風と虹 »