最近のトラックバック

« 僕の音楽嗜好に決定的な影響を与えたアルバム | トップページ | 言葉にならないひらめき »

2024年2月 2日 (金)

一関の街で34年

E7b35e5ded7a423bb9c757870033ddde

塾からすぐの地主町大通り。磐井川に掛かる磐井橋を前方に見て、山目方面を撮った写真です。

実はここから眺める須川岳がとてもダイナミックで僕が好きな風景です。蘭梅山から聳え立つ雪山の傾斜が美しく、いつ見てもその凛々しい姿に息をのみます。

一関の街で34年間塾をやってきました。始めた時に29歳だった僕も63歳です。

書いてきた指導ノートも50冊ほどになりました。昔のノートをたまに眺めたりするのですが、懐かしさがしみじみと溢れ出してきます。そんな年なんでしょうね。

13年前からいわゆるダブルヘッターで、私立高校の講師と塾を掛け持ちでやってきました。それと休耕田の草刈りも。^_^

震災や新型コロナで塾の経営が立ち行かない時もありましたが、なんとか非常勤講師のお陰で乗り越えてきました。綱渡り状態の日々です。

多くの同級生たちは孫もいて、ジジイライフを謳歌しているようです。僕にはジジイライフはなかなか訪れないですね。今の方が、30代40代の頃よりはるかに多忙です。喜んでいいのか悲しんでいいのか・・・

先日役所広司が主演の『perfect days』と言う映画を観ました。日々を粛々と生きて行く孤独な初老の姿、いろんな意味でじーんと来るものがありましたね。質の良い小説を読んだ後のような、そんなしみじみ感を覚えました。

自分の生活を自分で守り、日々のルーティンを続けて行く生活。あたり前のことですが、なかなか出来ないことです。

C21b5bddae2d41448637c3c1a0ff760f

 にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。 

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

« 僕の音楽嗜好に決定的な影響を与えたアルバム | トップページ | 言葉にならないひらめき »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 僕の音楽嗜好に決定的な影響を与えたアルバム | トップページ | 言葉にならないひらめき »