最近のトラックバック

« 立石神社in一関藤沢 | トップページ | 微笑まれたら買っちゃうよね »

2023年11月24日 (金)

銭湯今昔物語

8825af09ad934b1aa63a2fda9e49681a

学生時代東京には至るところに銭湯があった。風呂付きのアパートが少なかった時代だったので、銭湯はいつも混んでいた。記憶を遡ると入浴料は140円だった気がする。

今は銭湯がほぼ消えた。日帰り温泉が主流になったのと、風呂のないアパートが無くなったのが一番の理由だろうと思う。

現在も残っている銭湯があるようだが、入浴料は550円だそうだ。ちなみに一関市では銭湯は消滅している。

現在東京で一人暮らしをしようとすると、交通の便にもよるが、四畳半一間トイレ台所付きのアパートで7万前後。立地条件がいいとあっさり10万円越えだ。

大学や専門学校に通う学生たちの生活費は大変である。食費や光熱費スマホ代等で月15万はかかる計算になる。都会での一人暮らしも楽じゃない。

ちなみに僕が住んでいた東京町田のアパートは変則4畳一間風呂無しぼっとんトイレで16000円だった。45年も前の話である。

バイトで帰りが遅くなると、銭湯に入れず残念と言う日々があった。銭湯は夜11時まで、そんな時はお湯を沸かして身体を拭くわけだが、侘しさがそこはかとなく忍び寄って来る夜だった。

ところで市内の日帰り温泉は夜9時まで、金額も700円越え。かと言って自宅のお風呂が安価かと言うと、燃料の灯油はリッター105円。

収入が上がらない、いや下がる一方なのに、物価だけが跳ね上がって行く。生きづらい世の中だ。 にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。 

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

 

 

« 立石神社in一関藤沢 | トップページ | 微笑まれたら買っちゃうよね »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 立石神社in一関藤沢 | トップページ | 微笑まれたら買っちゃうよね »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ