最近のトラックバック

« 玄関はその家の顔と言うけれど | トップページ | 一杯の珈琲が世界をつなぐ »

2023年9月21日 (木)

神様の力を借りる方法

7d31c3f0ec834336b2c362a3b107e499

塾の教室に祀っている猿田彦の神様に、Angelsのバットを奉納して、大谷翔平くんの怪我回復祈念をやっている。猿田彦さんは道開きの神様なので、きっと大谷翔平くんを再びマウンドに復活させてくれるだろう。

ところで、神様の力を借りる方法ってご存知だろうか。毎日お祈りしたり、供物をあげたり、面倒くさいからどうでもいいやと思っている人もいると思う。そもそも神様なんていないだろうと考えている人もいるはずだ。

神様の定義そのものが曖昧なのだけれど、人間の人智が及ばない力を持った存在というところだろうか。

我々肉体を持った人間は実に不自由な存在だ。物理的な制約にタジタジだ。自分で空を飛ぶことも出来ないし、時間を遡ることも出来ない。おまけに前世があってもいっさい覚えていない。そんな感じ。

ところで話は戻って、神様の力を借りる方法を伝授したい。

1 早起きをする。

2 仕事をサボらない。

3 嘘をつかない。

4 食事は残さず全部食べる。

5 家族を大切にする。

これだけで、神様はあなたを守ってくれるし、忖度なく力を貸してくれるはずです。

え!からかっているのかって。そんなことはありません。僕はこれを実践して、四半世紀一度も体調不良で仕事を休んだことがありません。儲けの少ない小さな寺子屋ながら、30年以上にわたって家族を養ってきました。

そして何度も神様に助けてもらってきました。頼るのはどこの神社仏閣でも構わないと思います。上の方で全てが繋がっていますから。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。 

 

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

 

« 玄関はその家の顔と言うけれど | トップページ | 一杯の珈琲が世界をつなぐ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 玄関はその家の顔と言うけれど | トップページ | 一杯の珈琲が世界をつなぐ »