最近のトラックバック

« どこかで見た夢の続き | トップページ | 走り続ける道はいつも平坦な道ばかりではないけれど »

2023年9月18日 (月)

いつの時代も姥捨山はあるのだよ

3736a70b60c84fe0bb1a859aeb26cc08

80歳以上の人口が日本では10パーセントを超えたらしい。つまりは10人に1人が80歳以上と言うことになる。

ただし昨年はここ半世紀で初めて、前年度の後期高齢者の人口の数を下回ったらしい。1万人ちょっと。

気候変動と1人暮らしに伴う孤独死が原因かと言われているが、高齢者のワクチン接種による死亡も巷では噂されている。接種後体調を崩して亡くなる高齢者が増えているらしい。接種が直接の原因かどうかは定かではないが、免疫系の低下は否定出来ないのではないだろうか。

今年義母が亡くなった。亡くなって初めて知ったことなのだが、東京・神奈川では急激な死亡者の増加に伴い、火葬場がパンク状態で、1週間から半月待ちになっていると聴いて愕然。

通常2、3日で終わる通夜告別式が最低1週間はかかる状況になっている。義母の場合も例外ではなかった。この猛暑の中、ご遺体は専門の倉庫に保管ということになり、葬儀の費用も大変なことになっている。

そんなことはテレビも新聞も一切報じない。葬儀をやってわかることである。

人口削減計画などと言う言葉がSNS上で飛びかった時期もあった。僕も後数年で高齢者になる。削減されても構わないけれど、若者の命だけは守って欲しいと願うね。

我々国民年金受給者は、雀の涙くらいのお金しかいただけない。死ぬまで働けということらしい。働けなくなったらワクチン接種をしようかなどと、ブラックジョークを飛ばしたりしているのだけれど、マジジョークであって欲しいね。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。 

 

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

« どこかで見た夢の続き | トップページ | 走り続ける道はいつも平坦な道ばかりではないけれど »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« どこかで見た夢の続き | トップページ | 走り続ける道はいつも平坦な道ばかりではないけれど »