最近のトラックバック

« ご先祖のルーツを調べるって大切かも | トップページ | 夕焼け空に癒されて »

2023年7月14日 (金)

古材には哀愁がある

1b7a6aadbf454c689e29edf8a4bf3943

4dd4104dee3545c2b50257041b77f4e4

1bdda1848b6c48bab71b6e80ac384785

今回の納屋のリフォームに用いたテーブルやカウンター及びドア類は全て納屋を片付けた時に出てきた古材を使っている。

以前の茅葺き屋根の家を壊した時の古材である。父が納屋に仕舞い込んでいたものだ。半世紀の時を経て新たな役目を持った古材たちがいきなり舞台に現れた感じだ。

古い板にグライダーで鑢(やすり)を掛けていると、実に味わいの深い色が出てくる。趣きのあるダメージカラーだ。

壁に貼り付けた新材の杉の香りと、煤けた古材にグライダーをかけた焦げたような匂いがミックスして、納屋に入ると甘い香りがする。

きっとこれに珈琲の香りが混じったら、究極のアロマ効果が醸しだされるだろうと思う。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。 

 

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

« ご先祖のルーツを調べるって大切かも | トップページ | 夕焼け空に癒されて »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ご先祖のルーツを調べるって大切かも | トップページ | 夕焼け空に癒されて »