最近のトラックバック

« 道は続く | トップページ | この違いはなんだろう »

2023年7月 8日 (土)

神の使い

113df5dcec4840f6843126ea350b9c61

自宅周辺を様々な野生の動物たちが闊歩しているが、日本カモシカほど神々しく佇む野生動物はいない。

彼らの視線に絡め取られると、自分の内面を見透かされたような気持ちになる。

まるで山神の使いのようだ。山間の神社仏閣に頻繁に現れるのも単なる偶然ではないかも知れない。

日本カモシカは絶滅危惧種として、1955年に国の天然記念物に指定された。駆除が禁じられたことで、70年近くの間に間違いなく頭数は増えた。そして畑を荒らす厄介ものと言うレッテルも貼られつつある。

しかし熊にしてもそうだが、森林開発が進む中、彼ら野生動物たちの住処を蹂躙してきたのは間違いなく我々人間である。特に東日本大震災後、奨励された太陽光発電の設置場所として、多くの森林が姿を消した。

それと比例するがごとく、獣たちが里山に現れる頻度が激増した。

原子力の危険性を鑑みて設置した太陽光発電ではあったけれど、廃棄処分の膨大な費用の問題や、野生動物たちの大量移動の問題が浮上してきている。

僕は日本カモシカにじっと見つめられる度に、あなた方文明の行く末をよ〜く考えなさいと、示唆されているような気持ちになる。

人間のための人間による地球環境の悪化に野生動物たちは明らかに警鐘を鳴らしている。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。 

 

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

 

« 道は続く | トップページ | この違いはなんだろう »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 道は続く | トップページ | この違いはなんだろう »