最近のトラックバック

« 奥様は魔女 | トップページ | ようやく玄関が完成した »

2023年6月20日 (火)

間違いなく過労死を迎えるのは目に見えている

7c87ed6413964aa28df4537bfef0ad16

自宅前の休耕田である。色んな花が咲き乱れ、綺麗なので放置していたのだけれど、そろそろ限界が近づき、本日草刈り作業に汗を流した。

2年前までは田んぼとして機能していたのだけれど、肥料の高騰と米価の下落で、返された田んぼだ。早い話が採算と労働が噛み合わないので、田んぼを借りる人もいなくなってしまった。

僕のこの草刈り仕事も全く採算が合わないのだけれども、景観を損ねるので仕方がなくやっている。

本来は僕が米を作ればいいのだろうけれど、今の僕のルーティンに米作りが加われば、間違いなく過労死を迎えるのは目に見えているので、やらない。

それにこれ以上お金にならないことをやるほど暇人じゃないし、人生そんなに長くはないので、これ以上の無理はしない。

還暦を過ぎた老人らしく、おとなしく余生を送りたいのだが、それも叶わずじっと手を見るの日々である。

先日雨の日に塾に出かけようとしたら、母が「こんなに雨が降っているのに山さ行くのが?」とのたもうてきた。僕の仕事は母の脳裏から完全に消滅しているようだ。母の中では毎日僕が山で木こりをしていることになっているらしい。笑 薪ストーブの薪割りを身近で見ているので、それが仕事だとインプットされたのだろうと思う。

認知症歴7年目を迎える母だ。母がくも膜下で倒れた時に、心配してくれた叔父や叔母そして義母や義父がみんな母より先に他界してしまった。

Bfe05536a915428f9b81fdaabbb33fc1

母は朝の6時にはこの庭を散歩する。転んでも怪我をしないふわふわの庭だ。母を介護するようになって、米作りをやめたわけだけれど、断念するのにいいきっかけだったと思っている。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。 

 

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

« 奥様は魔女 | トップページ | ようやく玄関が完成した »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 奥様は魔女 | トップページ | ようやく玄関が完成した »