最近のトラックバック

« 梅が豊作です | トップページ | 英語が出来なかった僕が英語教師をしている理由 »

2023年6月30日 (金)

山登りは大変なのになぜか登ってしまう

C1bbfea4da74432eaa101ce7384607c4

山に魅了されて急に30代なかばで登山を始めた。その登山も生活の不摂生から痛風になり40代後半で離脱したが、60歳を過ぎてまた山登りをしている。

今まで一番登った山は早池峰山だけれど、ここ数年、登るたびにトラブルにあって、早池峰に歓迎させている気がしない。山の神様に何か失礼なことをしてしまったのだろうか。ドンマイである。

ここ数年一番歓迎されている山は、大船渡の五葉山である。天気に恵まれ、タイミングにも恵まれている。今月も1日に友人らと登ったが、五葉山の磐座は宇宙に突き抜けている感じだ。

0edae7eae12942ec99ce3424b80ee51c

そう言う意味では石巻の石峰山の磐座も凄まじい。毎年のように登っているが、神の息吹きを感じる山だ。

457e93d518a44deda59590ed755e84c9

僕の山登りは、神が降臨する神籬(ひもろぎ)としての磐座に出会うためのもになっている。故に疲れも厭わないのだと思う。

神が舞い降りる磐座。なんてドラマチックなんだろう。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。 

 

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

« 梅が豊作です | トップページ | 英語が出来なかった僕が英語教師をしている理由 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅が豊作です | トップページ | 英語が出来なかった僕が英語教師をしている理由 »