最近のトラックバック

« 人生でやり残したこと | トップページ | 安楽寺天満宮1100年祭 »

2023年4月14日 (金)

部活加入が強制でなくなった

4deafbd687884a538dfbe5121d60a12e

中学・高校の部活加入が強制でなくなり、何部にも所属しないことがOKになった。このことをとても喜んでいる人たちがいる一方で、憂いている人たちもいる。

学校の部活を廃止する方向に向かっているのは、部活指導をする教諭の負担を軽減することが目的なわけだけれど、一方で部活の指導がやりたいが故に教師になった方もいるわけで、それぞれの思惑が錯綜する教育現場である。

今後は民間のクラブや地域のスポーツ少年団の指導に委ねる方向で、指導員の免許制を導入し、完全ボランティアだったコーチの方々に指導料を支給するかたちを取るらしい。

水泳や野球・サッカーのように組織的な指導が確立しているスポーツはいいとして、卓球や剣道バトミントンのような個人競技の指導をまとめて行くのはいろいろと大変だろうと思う。

かくいう僕も長年卓球部のコーチングをしてきたが、部活の指導者はいい意味でも悪い意味でも癖が強い。特に運動部の指導者は個性のかたまりみたいな存在なので、彼らを学校の外で組織としてまとめて行くのは一筋縄ではいかないだろうと思う。

部活が強制でないと言うことは、放課後や休日の自由な時間が増えるわけだけれど、その時間の使い方が問題だ。習い事や塾通いをしている生徒はいいとして、ダラダラとゲームやスマホの画面に釘付けと言う状況が増える事が心配である。

それと部活に入ることで鍛えられていた基礎身体能力や、先輩・後輩の人間関係の学びの場が減少することが気掛かりである。

僕も体育会系の人間だけれど、部活の2年3年先輩は、言ってみれば神様のような存在で、命令に反くことなど出来なかった。不機嫌だったりすると、ロード5キロ走などと言われ、ひたすら走り続けた。それも水を飲むななどと言われて。よくぞ死なずに済んだとものだと思う。笑

※4月15日土曜日は塾はお休みです。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。 

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

 

 

« 人生でやり残したこと | トップページ | 安楽寺天満宮1100年祭 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人生でやり残したこと | トップページ | 安楽寺天満宮1100年祭 »