最近のトラックバック

« 明るい方が暗いより楽しい | トップページ | 水が怖いのは過去生のトラウマ »

2022年9月17日 (土)

稲刈りシーズン到来

3e934654880f4b8da59c9930eb7ca2e2

一関舞川にある棚田である。もうすぐ稲刈りが始まる。珍しくなった棚田であるが、機械化が進む前のかつての里山の田んぼは、どこもこのような棚田だった。

大型のコンバインが普及し、小さな区画の棚田は一気に拡張され、棚田が消滅してきた。棚田を守る会のような組織がないと棚田の維持は困難になっている。

この金山棚田は、卓球会場になっている東山体育館と僕の塾のちょうど中間地点に位置している。本日の新人戦は僕がコーチに就任して初めての予選敗退。気を落ち着かせるためにちょっと立ち寄ってみた。

癒される風景だ。勝つことばかりが人生じゃないさと、負け惜しみ的感情になってみたものの、実際負けたことはしょうがない。僕にとって来年があるかどうかはわからないけれど、とりあえずリベンジに向けて再始動かな。

再始動と言えば塾もそうだな。コロナのため人数制限をせざるを得ない状況がだいぶ続いている。支援金も最初だけで、あとは梨の礫だ。国葬に何十億も費やすらしいけれど、そんな余裕があるのならコロナのためにアップアップしている自営業者に救いの手を差し伸べて欲しいね。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

 

« 明るい方が暗いより楽しい | トップページ | 水が怖いのは過去生のトラウマ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 明るい方が暗いより楽しい | トップページ | 水が怖いのは過去生のトラウマ »