最近のトラックバック

« 宗教はなぜ存在するのか | トップページ | 死と再生の演出 »

2022年9月20日 (火)

秋の季節に君は詩人になる

0d4504c3d7314edcbc28a5b35e7a2082

E0924beefd0b4e50bc0db504558b928b

残された時間を想い、未来の孤独を夢想して、君は戸惑っている。

何もすることがなくても、何を期待されなくとも、命はあるべきところにある。

抱きしめた小さな命は、宇宙を創造する。ようやく思い出したドラマの台詞のように、言葉が放射されて。

似つかわしくない人生と、誉れ高き尊厳を打破してみても、やっぱり君は君だ。

草むらに捨て置かれた命の残骸に、過去はない。あるとすれば、退屈な愚痴。少女たちが大人になって行く残酷さを訝しむ路傍の石のようだ。

タイミングと言葉の勇気が未来の栄光となる。そのために君は詩人になるのだ。かりそめと思えるこの季節の中で。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

 

 

 

« 宗教はなぜ存在するのか | トップページ | 死と再生の演出 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 宗教はなぜ存在するのか | トップページ | 死と再生の演出 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ