最近のトラックバック

« 仮定法としての俯瞰 | トップページ | 確率的にはあり得ない »

2022年9月13日 (火)

今年の収穫を振り返る

9c0febbf83f3477d8b353ab2a489d1d9

5f103819da0245ff90a7c05211a000de

5f3d4e5212f64e2a9071ce21e437e3a0

B2ada44c0c9c41e2bb0fda08ef46f82a

015ed2ad33d54200a1fe08057c8c7b57

8d9ca3ea57c244d2aa0f1ec6040b0b7d

今年度庭先で収穫したものをアップしてみた。トマト以外は毎年ほって置いても勝手に成るものだ。

梅・チャゴミ・グミ・桑の実・葡萄あとこれから庭で熟してくるのが無花果だ。林檎と柿の木がないのが残念だけれど、仕方がない。

基本的には野菜作りの方は失敗ばかりだ。昨年は野生動物の餌となり、今年はなんとかトマトだけは良かったけれど、茄子もスイカもカボチャも雨にやられて全滅。さつまいもに至っては葉っぱと茎だけが育ち、収穫ゼロ。

育てる楽しみ。収穫する楽しみ。食べる楽しみ。それぞれの楽しみがあるわけだけれど、今年は失敗する楽しみをいっぱい経験させてもらった(笑)。

無農薬・無化学肥料の野菜作りはかなり手間ひまをかけないと難しいことを知った。来年はトマトと胡瓜だけにして、あとはやめることにした。謂わば畑の断捨離である。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

 

 

« 仮定法としての俯瞰 | トップページ | 確率的にはあり得ない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 仮定法としての俯瞰 | トップページ | 確率的にはあり得ない »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ