最近のトラックバック

« 秋の季節に君は詩人になる | トップページ | 時系列が怪しい »

2022年9月21日 (水)

死と再生の演出

6dfe8b2d04cd4dabbafa69fd9c1511a1

カエルが好きで、教室内には多くのカエルくんたちが鎮座している。故にカエル嫌いの生徒さんは入会できないだろうと思う。残念(笑)。

30匹くらいのカエルくんたちが塾にはいる。お土産屋さんから買ってきたものや、リサイクルショプから救済してきたもの、そしてご父兄からいただいたものなど。可愛いものからちょっと威厳があるものまで、多種多様だ。

塾に入ってきた生徒たちは、まずはカエルの置物の数に驚くようだ。キョロキョロと見回している。本当はその理由を聞きたいようなそぶりなのだけれど、あえて沈黙(笑)。

人の嗜好性というものは実に多種多様で、自分でもその理由を知り得ていない人が多いのではないだろうか。僕もその一人だ。なぜカエルが好きなのか、その答えは難しい。

1d946bab0c554b819bcad5330822cad2

まいが哲学的とでも言えばいいのだろうか。我々人間には真似のできない時間のスパーンの中で生きている存在だ。ひょっとするとある種の憧れかも知れない。寒くなると土にもぐって寝てしまうのもいい。

死と再生を演じるその姿に僕はある種の神々しさを感じる。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

 

« 秋の季節に君は詩人になる | トップページ | 時系列が怪しい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の季節に君は詩人になる | トップページ | 時系列が怪しい »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ