最近のトラックバック

« 夜の松島 | トップページ | 早くも秋桜が »

2022年6月25日 (土)

雨の日ばかりじゃない

28234a6a1af34a2387c3e3ce641cbb38

時が過ぎて行く。

成長するものと衰退して行くものが交差する瞬間に、僕は慚愧に耐えない声を聴く。決して魂はジェラシーを感じないだろうけれど、肉体のかぶりものは地団駄を踏む。

そろそろと欲望を引っ込めた賢者は、静かに目を閉じて出番を待っている。しかし愚者は、利用できるものを物色し、恥を晒す。

僕らは何処からやって来て何処へ行こうとしているのだろう。

過去にとらわれない賢者は、現在の現実にただただ生を与え、それを糧とする。しかし愚者は、過去の栄光を脚色し、恥を晒す。

真実の愛を見出すために、僕らは途方もない欺瞞と搾取を被ってきた。

愛を語らない賢者は、静かに呼吸を見つめ、その息遣いに大地の鼓動を感じる。しかし愚者は、愛の形が欲しいと言って、愛することを忘却し、大地に唾を吐く。

人生が晴れの日に、土砂降りの雨は想像すらできない。しかし雨が降り続くときは、晴れの日は想像できる。それが人生だ。

だから賢者は土砂降りが止むのを待ち、愚者は傘をさして出かける。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

« 夜の松島 | トップページ | 早くも秋桜が »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夜の松島 | トップページ | 早くも秋桜が »