最近のトラックバック

« 山里のバンビ | トップページ | どこまで辿りつけば »

2022年5月15日 (日)

誰にも知れず毎年咲く花がある

05153078cf1046ebbd2e00371369ec36

おそらく40年以上も庭の片隅で生きてきた樹木。名前を4年前に知った。SNSに紅葉した葉っぱを載っけたら、ある方から錦木だよと教えてもらった。紅葉の美しいさでは代表的な樹木らしい。

今朝よ〜く見たら小さな花が咲いていた。この木の花に気づいたのは初めて。偶然なんだろうけれど、何かザワザワする。

日常生活にはこんなことが山ほどあって、気づかないまま年をとって、そして死んでいくんだろうなと思ったら、今日という日がとても愛おしく感じた。

生きて行くために知らなくてもいいことが、実は世の中にはいっぱいある。でも、知ってしまうと知ってしまったその先に、また知的欲求が渦を巻く。

学ぶってことを考えてみると、学んでしまったが故の絶望感というのはある。知らぬが仏とはよく言ったものだ。知ってしまったのに行動に起こせないジレンマ。知ってしまったのにダメな自分。知らなければただの無知で済んだことが、ある種の責任を伴って自己を追求してくる。

この小さな花のように、誰にも知れず毎年咲く花がある。でも我々は、誰にも知れず咲くわけにはいかない。それが人間の性(さが)のようだ。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

 

 

« 山里のバンビ | トップページ | どこまで辿りつけば »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 山里のバンビ | トップページ | どこまで辿りつけば »