最近のトラックバック

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月

2022年4月30日 (土)

花を咲かせようとしている木々は無防備だ

486e8b04735d40faaefae9f03454c0f4

なんとなく嫌な予感がして松の雪釣りを外さないでいた。ものすごい吹雪が過ぎ去った今日、いたるところで木々が雪の為に枝が折れ倒木していた。倒木による断線のため、一関大東では数百件の停電が発生し大変だったようだ。

花を咲かせ新芽を出そうとしている木々はいわば無防備の状態だ。葉っぱを落とし雪と寒さに耐えていた頃とは違う。なんか我々人間と似ている。僕らも何かを達成しようとすると、知らぬ間に何かを失っていることがある。達成と挫折は表裏一体だ。ボクシングの試合でのノーガードの打ち合いは見ていて迫力があるが、リスクも大きい。

春が来て一気に水を吸収した木々はもろい。花を咲かせ新芽をもたらしてくれる木々の水が、雪の重さに耐えられず折れてしまう原因となる。

結婚をしない若者が増えている。家族を養い支えるという重みに耐えられそうもないという言葉を耳にする。結婚して家族を持つという幸せを、逆にリスクと考える若者が多いことにやるせなさを覚える。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

 

 

2022年4月29日 (金)

GWに大雪

064a2fe34bcb405d97e78901a077b57e

いきなり雪だ。GWにこんな吹雪なんて僕の記憶では30年振り。

農作物は大変な被害だ。我が家の畑のレタスもだめかな。まあこれも自然の摂理だね。なんかめちゃくちゃだね。

4月の半ばに29度の夏日になったかと思えば、今夜は吹雪で気温は3℃。ありえね〜。

戦争は起こるし、コロナはいすわるし、初夏の暑さの後は雪。予測不可能なこの時代の変遷に僕はたじろぐだけだ。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

 

ボンネットバス

E15de1fc5d7a42969f7114dd57c46453

ガキの頃田舎を走っていたバスがボンネットバスだったね。先日現役で一般道を走っている姿を見たけれど、懐かしくて涙が出そうだったね。

昭和30年代、まさに高度経済成長期。いろんな夢を乗せてボンネットバスは走っていたね。

かつての田舎のバスには女性の車掌さんが乗っていて、バスの中で切符を買ったのだけれど、車掌さんが肩にかけていた黒い鞄がとってもカッコよかったのを覚えているね。

いつの頃からか、車掌さんがいなくなり、降りる時に現金を入れる時代になったのだけれど、小銭が無くて乗った時は焦ったね。今でも疲れたりストレスがあったりするとバスの中で小銭が無くて動揺している夢を見るんだよね。

夢の中の僕は慌ててSuicaを探すんだけど、なぜかセブンイレブンのnanacoカードを出したりして焦っているんだよね。後ろでは降りるお客さんが舌打ちしてるし、まいっちゃうよね。

そんな夢を年に2、3回は見るね。もっと不安な時は、バスそのものが目的地に着かなくて、途方に暮れているんだよね。知らない山奥にバスが入ったりしてね。なんだかね〜。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2022年4月28日 (木)

コメント欄を見過ごしてしまい失礼しました

681089b35aa24f3e9e5d0bc0f72d2070

毎日畑仕事や薪割りに意識が行っていて、パソコンをチェックする時間がなくてコメントをいただいたのも気づかず本当に失礼しました。

友人の小林先生をはじめ、皆さんの頂いたコメントを放置しておりましたことに陳謝申し上げます。今までは帰宅するとすぐパソコンを開けてメールのチェックをしていたのですが、昨年の暮れにスマホに替えてから、スマホでのチェクがメインになってしまい、パソコン限定のメールのチェックを忘れておりました。猛反省です。これに懲りず今後ともよろしくお願いいたします。

さて当塾のGWのお休みですが、4月30日から5月3日までと5月6日をお休みといたします。5月6日の振替授業は4月29日に行いますのでよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

 

2022年4月27日 (水)

プログラミング

 

Photo_20220427221201

4年後の大学共通テストからプログラミングが必須科目になる。

かつても英検等の資格を受験に加点すするという発表をして、見事にチャラにした文科省の前科があるので、確定と言いつつも先が読めない状況ではあるが、これで高校生の負担がまた増えるのは間違いない。

高校もプログラミングを教える専門の先生獲得に大変だ。プログラミングのプロは企業で引き手あまたなので教員の枠で確保するのが難しいらしい。

コロナ禍の中でリモートでの仕事が急増し、パソコンの高度な技術が否応なく要求される世の中になった。僕らの世代は大学を終えてワープロが普及し、必死にワープロの打ち込みを覚えた。そんなこんなでホットしたのも束の間、バブルが崩壊し、今度はパソコンによるデータ通信の時代が始まった。

パソコンでメールのやり取りをするのがやっとの僕などは、C言語がどうのこうのと言われてもチンプんカンプん。勿論塾として教えることなど全く無理。

今後は英語とタイアップしたプログラミングの塾が増えて来るのかと思うのだけれど、僕は静かに傍観するしかないようだ。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

賑やかなのが好きなもので

09ceb7a34b59431094697630ae3eef5e

塾の玄関である。カエル好きが高じてポストまでがカエル。とにかく賑やかである。塾の玄関らしからぬところが自慢。笑

少年時代家が暗かったもので、その反動で仕事場は賑やか過ぎるほど賑やか。年を追うごとにエスカレートして来た感がある。一種の病気だ。

ところで、介護生活も5年目に突入。介護といっても母を定期的に病院に連れていくことと、着替えの介助とご飯を出すくらいなのだけれど、最近あることに気づいた。親の面倒をみるってことは自分の老後と向き合うことなんだなってこと。

ある種の覚悟が出来るね。僕は賑やかなのが好きなので、死ぬときも賑やかに死にたいね。酔っ払ってそのままグッパイてのがいいね。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2022年4月26日 (火)

今年も始まった

1ac5cccb747f4857b03b9c5323e775ea

今年も草刈り作業が始まった。草刈り機械も冬眠から覚めやらずで調子がイマイチのようだけれど、とりあえず刃を研いで始動開始。

早くも腰が痛い。冬の薪割り作業とは違う身体の部位が酷使される動作なので、そいうことなんだろうなと思う。仕方がない。

この春は現文の指導のスキルアップも兼ねて、センター試験の過去30年分の過去問を解いてみた。過去に読んだ印象とこの年になって読む印象がだいぶ違うことに驚く。よくもまあこれほど性格の悪い出題を考えるものだなーという感想とともに、受験生の懐疑的な思考が育つんだろうなという感慨にふけっていた。

こういった勉強を日々強いられてお役人になった方々の文章が、なんだかまわりくどくてストレートに我々庶民に伝わらなのは受験勉強の弊害なのかも知れない。

草刈り作業などやったこともない農林水産省のお役人が、農業の現実を知らない身勝手な政策を作り続けるのもしょうがないか。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2022年4月25日 (月)

こんな時代だからこそ

困難な時代だ。そのような時代だからこそ、自分の夢ってやつを追いかけて行くべきなんだよね。

この時代にこの顔でこの名前でこの瞬間に生きているのは一度きり。だから躊躇わずに自分のために自分らしく生きるべきなんだよ。

お金がブレーキになったり、世の中のしがらみってやつに、押しつぶされそうになったら、自分の心に言い聞かせればいい。誰にも邪魔させない!

頑張れ夢追い人たち!

Photo_20220425225601

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2022年4月24日 (日)

憧れのフォルクワーゲンバス

C3539d786b5d47f09038fbcf0baf4439

Ae480e3c50094103909e1a881249bcb8

栗駒の六日町に買い物に行ったら、たまたまオールドカーの展覧会をやっていた。なんと僕の大好きなフォルクスワーゲンバスが3台も停車していた。現役のバリバリ。美品そのもの。涎が出てきそう(笑)。

還暦も過ぎると、次回に買う車が人生最後の車かななんて思うわけで、最後はちょっと我儘のチョイスもいいかなと思っている。ワーゲンバスは無理かも知れないけれど、フォルクスワーゲンのオールドカーは乗ってみたいな。

やっぱり頑張って稼がないとね。(笑)

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2022年4月23日 (土)

高1が止まらない

令和4年度の我が塾は異変が起きている。受験学年の新年度入会者が入って来なくて、新高校1年生がどんどん押し寄せて来ている。なんと塾生の3分の1が高校1年である。

塾生が入って来るからいいと言えば良いのだけれど、3年後を考えると喜んでばかりはいられない。受験学年が多すぎる。

どうも原因は大学受験専門の大手塾の月謝の高さにあるらしい。高校の校門前でチラシ配りをしているらしいのだが、チラシには月謝の金額が書いておらず、教室に行って説明を聞くと、僕の塾と同じ時間数で、月謝が10倍らしい。うちの塾で年間10万円のコースが超有名大手塾では100万円。どひゃ!

それでも大手塾はそこそこ生徒数を確保しているらしいので、ある家にはあるんですね。

今年高校生の入会が多いのは、うちの塾に通ってきていた高校3年生が、1名の推薦合格を除いて全員が国公立大に受かったのが幸いしたのかな〜なんて思っていたのですが、勘違いでした。笑

兎にも角にも僕の塾を口コミで宣伝してくれているみなさん。本当にありがとうございます。

 

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

頭が良い人と悪い人

いつの頃からか偏差値という言葉が教育界で闊歩するようになった。頭の良さを数値化した数字だと勘違いしている方がおられるようだが、あくまでも高校や大学に入るための点数的指針であって頭の良さを測るものではない。

頭が良いとか悪いとかの価値観は昨今ではだいぶ経済力に左右されている感がある。お金をいっぱい稼げる人が優秀な人という捉え方がだいぶ幅を効かせているようだ。

いい学校を出ていっぱい稼いでいる人は当然とみなされ、中卒でいっぱい稼いでいる人はめちゃくちゃ称賛される日本。学歴がないのに凄いね~という誉め言葉は、裏を返せば学歴が無いと稼げないよという暗黙の了解が蔓延していることなんだろうと思う。

僕は金持ちの人が頭が良い人とは思わないし、学歴があることが頭が良いことの必要条件だとも思っていない。金持ちで最悪の人間や、高学歴で最低の人間を随分見てきてしまった。頭のいい人間とは・・・・人に迷惑をかけない人。人に不安を与えない人。僕は勝手にそう思っている。

僕も一応先生と呼ばれているので、頭が悪いやつとは思われたくないので(笑い)、一応この二つのことは何とか心がけようと頑張っている。

P1000419_20220423073501

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2022年4月22日 (金)

とりあえずレタスを植えた

64d2de0d77994db19c902a6ebc07da32

5年前に米作りはやめたけれど、妻のリクエストで畑は耕している。今年はとりあえずレタスを少しだけ植えた。連休明けには、トマトや胡瓜茄子などを植えるつもりだ。

ただトマトに関しては、味をしめたタヌキやアナグマたちがやって来て、食い荒らしていく。なすすべがない。

この畑に野菜がひしめく頃になると、カモシカやタヌキ・ハクビシン・アナグマ等がやってきて気にいったものを食べていく。作らない方がよいような気もするが、まあこれも人生だと思って諦観している。簡単に言ってしまえば諦めている。

いよいよ休耕田の草も伸びてきた。恐怖の草刈り作業が始まる。朝8時に出かけて夜10時近くに帰ってくる僕が、草を刈るのは早朝だ。草刈りの最盛期には12時に寝て4時には起きる。これを恐怖と言わずして何を恐怖と言おう。疲労と眠気との戦いが始まる。

還暦を過ぎた身体にはかなり厳しいものがあるが、修行だと思って頑張るしかない。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2022年4月21日 (木)

本格稼働

A5df4409ae0b410e96efce784aa5be6f

近隣では菜の花が満開を迎えた。そして中学や高校ではいよいよ本格的に授業が始まった。

今年の新年度は、春が短くて冬から一気に初夏がきた感じだ。2、3日前から自宅周辺ではカエルが鳴き始めた。いつもより早い気がする。

それにしても毎年この時期は、新入生の制服がバリバリ新しくて、馴染んでないところが初々しい。塾にやって来る生徒の鞄も自転車もピカピカだ。

ところで新型コロナの感染が止まらない。軽症ではあるが、市内の学校でも頻繁に陽性反応が出ている。部活の大会はことごとく中止。高総体や中総体の開催も危ぶまれている状況だ。春はやってきたが、本当の春はまだ先のようだ。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2022年4月20日 (水)

宇宙人と神々の交流

職員室の机の上に古事記を置いていたら、同僚の先生に「僕は大学時代古事記の漢文の読み下しをやりましてね」と話しかけられた。僕が古事記を読んでいる訳を知りたいようだったが、まさか古事記における宇宙人と神々の交流の研究をしていますなんて言えないもんね。笑

GWに、某所でそれに関する講演を行う。勿論六芒星を絡めての話になると思うのだけれど。

古事記を読んでいると歴史の狭間に多くの宇宙人らしきものたちが現れる。そしてそれらの宇宙人らしき神々は近隣の多くの神社に祭られている。

天孫降臨の神々は天の鳥船という乗り物に乗って日本にやって来る。地球外生命体が宇宙船でやってきた痕跡が述べられている。神様は全て宇宙人と言うつもりはない。地球の神々と宇宙人の交流が多くの神話や書物として残されているということを言いたいのである。

かつてこんな話をするならば鼻で笑われておしまいだった。ところが今は違う。お寺の住職さんや神社の神主さんまでが僕の話を興味深そうに聞いてくれる。時代は変わった。

自称プレアデス星人のかねごんであるが、星に帰還する前にそろそろネタバラシもいいのかなと思うようになってきた。笑

Acebc9544f7249b6ae8df00b6d8fb074

 

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

教えない放題

0edf5cc7716d47bbb2146a6d68be6416

僕は塾では授業はしない。寺子屋なので勉強したいところを生徒たちはプリントや持ち込みのタブレット等で勉強している。

分からないところがあれば聞いてくるし、わかればかってに各自が進めている。

ひたすら学校の宿題を解きまくっている生徒がいれば、僕から大学の過去問ももらって解きまくっている生徒もいる。

中学生と高校の人数は半々くらい。そこに附属中を受験する小学生が数人ほど。東日本大震災以後は講師の先生を雇わず、僕一人で全てをこなしている。故にかつてのように1日二桁の生徒を入れることはなくなった。寺子屋にあらず寺小屋である。

桜が舞い始め、ようやく花粉症も落ち着いてきた。今年度も教えない放題で頑張ろう!

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

 

戦争

一関修紅高校での現文の授業が『バグダットの靴磨き』に入っている。いろんな意味で文科省がよく採用したなという内容だ。

バグダットに住む12歳の少年がアメリカの無差別攻撃にあって、親も妹たちも家族全部を亡くし孤児になり靴磨きをしているストーリーなのだが、幼い妹たちの身体がバラバラになっているのを少年がかき集めるシーンは、授業をしている僕が涙腺を抑えるのがやっとだ。何人かの女子生徒たちは涙をぬぐっている。

戦争には倫理は存在しない。殺すか殺されるかだ。まさにタイムリーな授業に僕の授業も熱が入る。

僕の母の父も戦場に駆り出され戦死をしている。僕の祖父である彼は、自分の子どもが妻のお腹に宿ったことを知らず南東の島で33歳の人生を終えた。

ロシアのウクライナ侵略は戦争だ。世論は100ペーセントロシア批判に終始しているが、戦場に駆り出されているロシア兵士にも妻や子どもがいる。やらなければやられる極限状態が戦争だ。

赤十字がウクライナに対する義援金を集めている。ウクライナの子どもたちに送られるはずのお金が、対ロシアとの武器の購入に回されないと誰が断定出来るだろうか。

この戦争で絶望を味わっている多くの人たちがいる中で、武器の製造と販売で巨額の富を得ている企業がある。

もう一度言おう。戦争には道徳も倫理も存在しない。多くを破壊したものが勝利者だ。人間が愚かな存在ならばこの地球上から消えるだろう。そうならいために何が必要なのか、それを共有するのが教育だろうと思う。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

 

2022年4月19日 (火)

何をやるべきか

3a9b992628ca4ec2a03f8d2be891962f

ご近所からいっぱい薪の材料を頂いた。庭の空き地が材木で埋まった。これを切って割るのがちょっと大変。いやかなり大変。いよいよ薪割機を買おうかななどと考えているが、その前にボロボロになった草刈り機のモアーが先決だろうなどと考えてさ迷っている。

やることが多い。塾も高校も家の仕事も。

還暦を過ぎたら自分の趣味に生きようなどと考えていた自分が甘かった。生きて行くことは楽しい事だけれど、生活の糧を得ることは年を取るたびごとに大変になって来る。30歳の時も60歳でも、お金はかかる。いや年を取れば取るほどお金がかかる。それは身体が無理できなくなれば、どうしても便利な機械や道具に頼ってしまうからだ。

悩んでいることがある。年金のことだ。65歳でもらうべきか70歳でもらうべきかである。

長生きが出来ない身であれば、安くてもさっさともらった方が良いのかも知れないが、万が一長生きをしてしまうならば、65歳でもらう金額では入院も、施設に入ることもできない。

そんなことを悩みたくないが、老化の現実は間違いなくやってくる。何をやるべきか、ひしひしとその脅迫的観念が迫ってくるこの頃だ。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

 

2022年4月18日 (月)

ギター教室?

49255bff8ecd482eaaa1265f6d5c2b8b

んにちは、なんちゃってシンガーソングライターのかのごんです。と言いつつも、コロナ禍のため3年近くライブもなく、そんな中たまにですが、SNSに動画をあげて遊んでいます。笑

ところで、最近塾生が軽音に入るのが多くなっていて、「先生ギターを教えてください」とか「曲を作るコツを教えてください」なんていうお言葉を頂く。

ギターは確かに中学1年で始めてキャリアは長いけれど、進歩のしの字もなく、我流ゆえ教える技量など持ち得てなく僕の指導では今風のテクニックは当然ながら習得が困難であろうと思われる。やっぱり受験指導が言わずもがな無難なようだ。笑

YouTubeでギターの弾き方みたいなことを教えている方も結構おられるようなので、そっちの方が進歩が早いかも。

昨今のYouTubeでは、大学受験用の授業配信も多いようで、塾そのものも教科指導という点では消えていくんだろうなと思う。そうしたらやっぱりギター教室の方がいいのかな。^_^

 

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2022年4月17日 (日)

久しぶりのジャズ喫茶

69abac8c36ac4273a689bed0eda046e7

24abc4150d934b84b6bb5f90a645fcb9

宮城県の瀬峰町まで軽トラックで出かけて行って、友人宅から薪ストーブに使う廃材を頂いてきました。途中伊豆沼のそばにあるジャズ喫茶『コロポックル』に立ち寄りジャズを堪能してきました。

ジャズ喫茶に入ったのは1年ぶり。JBLのスピーカーがぶっ飛びの音を出していましたね。ジャズと美味しい珈琲と伊豆沼の眺望がクロスオーバーして、本当に久しぶりのワクワク感を味わってきました。

この喫茶店の薪ストーブは、僕がこれまで見てきたうちで一番立派なストーブでしたね。オーディオセットも素晴らしかったです。憧れますね。

雨の後の晴天で、一気に庭の草が伸びてきました。ぼちぼち草刈りの季節ですね。桜が咲き、花粉症もだいぶ落ち着いてきました。塾もぼちぼち新入生の入塾が増えてきました。今年も仕事があることに感謝ですね。あと2週間頑張れば、ゴールデンウィークです。待ち遠しいですね。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

 

 

こんにちはの代用?

良くあることかもしれないけれど、挨拶代わりに「今度うちの息子も金田さんの塾にお願いしようと思ってます」という知人がいる。

塾を始めた頃は、喜んでいつ来るのかなあーなんて首を長くして待っていたものだけれど、さすがに挨拶がわりのリップサービスなんだと理解するようになってからは期待しなくなった。(笑)

大体打率は2割3分というところだろうか。塾生も良く「誰々ちゃんが塾に入りたいって」と声を掛けてくれるのだけれど、5人中1人くらいが実際塾にやってきてチラシを持って行く感じである。

日本人のリップサービスは実に用意周到だ。かくいう僕も似たようなことはやっている。友人などに初対面の方を紹介された時など、例えばその方が喫茶店の経営者だったりすると、「場所はどの辺ですか?」「たまにそっち方面に行くことがあるので、是非寄らせていただきます」なんて言葉をさらりと言っている。実に罪深い。

それと、「うちの子も先生の塾に入れれば良かった」という挨拶。いろんな意味でありがたいけれど、その手もあったか。(笑)

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2022年4月16日 (土)

海が似合わない男

E9bc5ec1d5144dfa9522730faf471293

昨日テレビで気仙沼のカツオ漁を取り上げいた。一本釣りである。ほぼほぼ僕と同世代の漁師さんたちが素晴らしい技量を見せていた。

太平洋の荒海で足を踏ん張りカツオを釣りあげる姿は圧巻だった。60歳を過ぎて疲れたなんて言っていられないね。金槌の僕は海は全く似合わないけれど、せめて草刈りや薪割り姿だけは似合う爺いでありたいね。

ところで本日は塾の仕事の前に、家内の付き合いで羊の毛刈り作業に行ってくる。刈った羊毛を自宅のアトリエ教室で使うらしい。

まさか羊を買ってなんて言わないだろうな^_^、

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2022年4月15日 (金)

薪ストーブについて尋ねられること

1bf2fa62dd8949afa21e5f3d638d17b0

先日の29度から一気に冬の寒さに逆戻りし、薪ストーブはまだまだ現役続行のようだ。薪ストーブライフも丸2年になる。このブログに薪ストーブを載せて以来、薪ストーブを置いてみたいという相談を受ける。

素人の僕が言うのもなんだが、薪の調達を考えると、チェンソーと斧と軽トラックは必需品だ。確かに量販店で薪も売っているし、運んでくれるが、2万円くらいの薪が我が家では10日分くらいの感じだ。そうなってくると石油ストーブの方が安上がりかも知れない。

たまたま中古の薪ストーブを頂戴し、SNSで薪ストーブを設置したことをつぶやいたら、多くの方から薪の材料を頂くという幸運に恵まれているが、材料を運ぶ軽トラックがあっての材料集めなわけで、無ければ薪ストーブは厳しかったと思う。

あと問題は煙突の設置である。素人は手を出してはいけないといろんな方から忠告を頂いたが、本格的な煙突を発注して業者さんに頼むと80万ぐらいかかる。そん余裕などあるはずもなく、どこにでもある、1本2000円くらいの煙突を買ってきて写真のような状態に設置した。

火事が心配なので、とにかく煙突周りの防火には注意を払った。そしてこの煙突はすぐ詰まるので最低5日間に1回は掃除が必要だ。80万クラスのものは一冬で1回の掃除でいいらしいが、しょうがない。慣れないうちは大変だったが、なれるとほぼ5分で掃除が完了する。問題ない。

ただ高所恐怖症の僕なので、煙突の高さはこれが限界だ。仕方がない。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

 

2022年4月14日 (木)

僕の唯一の贅沢

Df65a90b1e6d4ca3a402127029b25feb

美味しい珈琲豆を手に入れることが出来るようになって、喫茶店に入ることが限りなく少なくなった。

ゆえに店の雰囲気がいいのに、不味い珈琲を出しているお店があると無性に悲しくなってくる。

僕の友人が珈琲豆屋さんということもあるのだけれど、上質な豆はもはや生活に欠かせないアイテムになっている。1日の小遣いをワンコインと決めている僕に1杯500円越えの珈琲は飲めない。1000円ちょっとの豆を買うと家族5人で4日分が賄える。1000÷20杯で1杯50円ぐらいで飲めることになる。

僕は珈琲が好きなのに胃が弱くて、インスタントコーヒーや缶のブラックコーヒーが飲めない。焙煎したての豆を毎日挽いて飲んでいるのはそういうことである。

たかが珈琲、されど珈琲である。冬はグアテマラの珈琲を飲んでいたが、春になるとケニア産の珈琲が飲みたくなる。僕の唯一の贅沢である。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

この寒暖差に身体もたじたじ

9182c475158e40e08da6959e195dd899

4月のこの時期、連日の夏日を経験するのは記憶にない。この時期雪が降ることはあっても、カーエアコンを冷房マックスにして走るなんてことはなかった。

4日前の朝は、外のバケツに氷が張っていた。それが次の日は最高気温29度。おかしい。そして今日はまた冬の寒さ。ストーブが活躍している。

この気温のアップダウンに体調管理が非常に難しい。僕も花粉症に加えてこの寒暖差の激しさで身体がだるい。今日は雨が降っているので花粉は楽かもしれないが、何を着ようか迷ってしまう。昨日は半袖。今日はまたセーターが必要だ。

これから須川岳も雪解けが進んで行く。GWの予定を組みたいが、このコロナの状況では今年も遠出は厳しいかな。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2022年4月13日 (水)

桜咲く

9d8287f883694679bf34b1a9aa6e49e7

講師で行っている一関修紅高校の校庭の桜が満開になった。この桜が咲くと新年度がやってきたな〜という思いがひしひしと迫ってくる。

実はこの桜の木の枝をずいぶん薪ストーブで燃やした。電線が桜の枝に触れるようになり、枝を伐採したのだけれど、それを頂いて来て昨年燃料として使わせて頂いた。

桜の木を薪ストーブで燃やすと、いい香りがする。さすがバラ科の植物だけあって、なんとも言えない香りが家の中に漂う。桜は見て良し、燃やして良し、日本の情緒そのものである。

この桜の木の下をピカピカの制服を着た新入生が歩いて行く。未来に幸多からんことを願う季節だ。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2022年4月12日 (火)

どうして岩手から野球のビックスターが出るのか

大谷翔平選手の活躍は言うまでもなく、今回の完全試合を成し遂げた佐々木投手も含め、菊池雄星選手など岩手出身のスパースター達が特出している。

岩手に何が起きているのだろうか。世界的なアスリートを生み出す土壌がいつのまにかできたのだろうか。様々な憶測とともに、僕の勝手な論理を述べてみたい。

その1、野球運堆積理論

東北地方から一度も甲子園の優勝チームが出ていない。負の奇跡としか言いようのない現実に僕は本当に斬鬼に耐えない思いだ。しかしである。僕は運というものは平等にやって来るものだという確信を持っている。甲子園で果たせなかった野球の運の女神は、岩手から世界へという運にスライドしたのではないかと思っている。

その2、岩手県外国圏理論

僕らが学生の頃は岩手は日本のチベットと揶揄された。確かに山以外何もない。かつて日本一の生産を誇ったのは、炭と三陸のワカメ。しかしである。岩手に鎮座する北上高地は数億年前、太平洋中央にあった島がマントルの流れによって日本列島にぶつかってできたものである。故に蛇紋岩という特殊な岩石が山を形成し、北上高地の最高峰である早池峰山には、日本でここにだけ生息する特殊な生物が繁茂している。岩手は土地のエネルギーが半端ない。太平洋の海洋エネルギーを凝縮した大地なのだ。故に世界を脅かすアスリートが生まれ育つ特異性を持っているのだ。

勝手なかねごん理論を述べてしまったが、いたってまじめなつもりである。それでは。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

 

朝の定番

24c14fed5cc64b9cb2b6ac616f328aec

栄養学の分野で賛否両論が巻き起こっているのが、朝食の問題。

朝は余り食べるなという意見が有れば、朝はしっかり食べるべきだという昔からの指針があったり、本当にさまざまだ。

僕の朝の定番はこれ。挽きたてのコーヒーにサラダ、そしてこれにトースト1枚。ほぼ30年変わらないメニューだ。

昼はおにぎりにヨーグルト。時々麺類。そして夜は晩酌で真夜中ご飯。体重はここ30年変わらない。変わらないが、お腹が出てきた。

かつては塾教師は短命な職業だと言われた。毎日仕事が終わるのが遅い故、真夜中の食事と酒が、身体にダメージを及ぼし健康に良くないと考えられていたようだ。現在はどうなのだろう。70歳を超えても現役で塾を頑張っている先輩たちがいるので、個人の健康管理にもよるのだろうと思う。

僕は薬で身体を維持しているようなもの。若い頃酒の飲み過ぎで痛風の発作と肝臓機能の低下でぼろぼろの時期があったけれど、ここ20年ほどは酒も酔うほど飲むこともなくなり、血液検査の数値も全て安定している。薬を飲んでの安定なので自慢にも何にもならないけれど、とりあえず生かされている。

だいぶ暖かくなってきた。ビールが美味しい季節になってきたが、調子に乗らないよう頑張りたい。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2022年4月11日 (月)

千厩夜市復活

99848dfa76254223b4b0f77f64342426

先日の土曜日は生徒の指導が6時で終わったので、急遽千厩に出かけた。3年ぶりに千厩夜市が復活した。コロナによる自粛から一気に爆発したような賑わいだった。原宿のような賑わいにΣ(゚Д゚)

友人のバンドがライブをやっていて、久しぶりに野外でのジャズライブを堪能してきた。我が町花泉は互市が自粛ということで今年も開催されず、寂しい春だったが、千厩は果敢に開催にこぎつけた。毎月やるこのイベントは千厩町のエネルギーそのものという感がする。

震災後、この夜市で僕もライブをやらせてもらったが、とにもかくにも主催者の熱意は半端ない。宮城県の栗駒町の六日町も似たようなエネルギーを発散する町で様々な企画を繰り出しているが、我が町も見習いたい昨今である。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2022年4月10日 (日)

夏のような気温

00aa96fbb671454e8d094251cfb51d59

一関は本日夏日。農作業をしていると汗が滴り落ちる気温でした。今夜は初めてカエルが鳴いています。

葱をさくった畑の向こうに、夏の日のような夕陽が沈んでいきました。

さて明日から高校も塾も本格稼働です。気合いを入れて頑張りますか。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2022年4月 8日 (金)

自分の人生は紛れもなく自分のもの

17e509dcfeb44581ad41b52def4a1e38

自宅で仕事をするのは草刈りか薪割り、家で机に向かうことはほとんどない。デスクワークは高校の職員室の自分の机か塾の机だ。

ところで机とテーブルの違いって即座に言えるだろうか。これを中学生や高校生に尋ねるといろんな回答が返ってくる。角があるのが机で丸いのがテーブルとか。椅子に腰掛けて使うのが机で、座って使うのがテーブルなどなど。

前後の区別があるのが机で、前後の区別がないのがテーブル。これが答え。

人がどこで安らぎを覚え、どこで戦闘大勢に入るかは人それぞれ。暗がりを好む人が居れば思いっきり怖がる人も居る。食べ物の好き嫌いなどは、宇宙の数ほど嗜好状態があるかも知れない。

善悪の価値を挟まなければ、人はやりたい放題。戦争から慈善運動まで、活動の範囲は留まるところを知らない。その留まるところを知らない行動を抑制し制御するのが、法律や社会通念と呼ばれる常識。

しかしことごとくその社会通念を打破する人間がいる。なぜ我々は支配されることを嫌うのだろう。なぜ自由を求めるのだろう。

僕はそれは、人それぞれの人生目標がことごとく違うからだと考えている。やりたいことをやるには、時に様々なものが邪魔になる。その反対にいろんなものがひ必要になることもあるだろう。故に幸福などという抽象名詞は、星の数ほど存在するのだ。それを共有しようとする国家、民族、宗教、政治、芸術、音楽が常に流動的で、取り止めのない思想の中で流転するのは当然の結果なのだろうと思う。

ふとこの現実の世界が、数十億の人間が作り出した幻想なのではないかと思うことがある。それぞれの人間の想いの最大公約数によって、世の中が動いてい行く。

絶望する人間が増え、こんな世界はいらないと思った瞬間、この世界が崩壊するのではないかと心配している。我々の人生は紛れもなく我々のものだ。たとえそれが幻想であってもそれは変わらない。

人の人生は変えられないけれど、自分の人生は変えられる。いつでもどこでも、どのようにでも。だって自分の人生だもの。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2022年4月 7日 (木)

ヤドリギ

0096fb336a1e47ba9079bff8d2be14e0

久しぶりにヤドリギを見つけた。かつては我が家のえぐね(家の防風林)の巨木にヤドリギがあって、日常の風景に溶け込んでいたのだけれど、このヤドリギが結構珍しいものだと知ってからは、出会うことが稀になった。

妻がこのヤドリギの実が気に入っていて、クリスマスに飾りたがるのだけれど、近くではなかなか見つけることが出来ず、ネットで注文している。

妻がこのヤドリギの種を植えて育てたいと言い出したのだけれど、実はこのヤドリギの実は、鳥に啄まれ、鳥の体内を通ってタイミングよく木の枝に排泄されないと発芽しないのである。なんとも神がかった植物である。

古代から薬草として西洋では重宝がられてきた植物である。ヤドリギの実は透明感があって、宝石のような光沢をもつ。めちゃくちゃ高い所にしか宿らいので、天のパワーを一杯浴びる植物なのかも知れない。

ちなみに青森県の旧戸来村のキリストの墓と言われる墓所がある公園には多くのヤドリギがあった。パワーのあるところに育つのかもしれない。

この写真のヤドリギは三滝堂の観音堂のそばにありました。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

 

私学に学ぶ意義

岩手県の公立高校が定員割れの中、私立高校が善戦している。

公立に落ちたから私立に行くというのは一昔前の話。今は多くの生徒がはじめから私立一本で受験をしてくる。中学校で学びそびれた箇所を私立高校が補ってくれるという利点もあるが、大学受験ありきの学科指導に疑問を持つ生徒も多いようだ。

部活動で全国大会を目指したい。看護師になるために高校から専門課程で学びたい。甲子園に出たい。などなど、私立高校への需要が高まる一方、私立高校はお金がかかるのではという不安もぬぐえない。確かに公立高校の授業料は現在無料。私立高校はそれぞれ異なる授業料設定になっているが、3万円から5万円ぐらいの授業料だ。

たとえその授業料が免除のスポーツ特待生徒でも、スポーツの世界はお金がかかるのは今や常識。大会の遠征費や親元を離れての寮生活などかなりの出費がご家庭にのしかかる。しかし頑張った先にある多くの栄光もある。その夢に託す青春もそれはそれでかけがえのないものだろうと思う。夢に向かって頑張っている高校生の姿は実に素晴らしい。

コロナ禍の中、収入が減って大変なご家庭も多い。とてもじゃないが私立は無理という声も多い。しかしそういったご家庭のために様々な救済支援がある。申請によっては授業料の減額や無料に近い支援もある。ぜひご検討願いたい。

かく言う僕も高校も大学も私立だった。公立に受からず私学に行った僕は、まさに劣等感の塊そのものが制服を着て歩いているような存在だったけれど、あの私立高校での日々があったからこそ今の自分があるんだろうなと思っている。決して成功した人生ではなかったけれど、勉強に苦しむ多くの生徒に寄り添うことができた人生だったと自負している。

今日は僕が講師で行っている一関修紅高校の入学式だ。それぞれの想いが錯綜する青春の幕開けと言っていい日だ。その時間を共有できることに僕は心が凛となる。さて出かけよう。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

 

2022年4月 5日 (火)

さりげない日常が過ぎて行く

朝起きて妻に息子におはようと声をかける。母におはようと声をかける。

あたり前のことだけれど、このおはようは永遠には続かない。いつか僕のおはようが途切れる時がやって来る。僕は後どれくらいおはようが言えるのだろうか。1000回?3000回?

同級生や親しかった人たちが毎年僕の日常から去って行く。自分に問いかけてみる。お前は準備が出来ているのかと。

正直に言うと死ぬのは怖くない。ただ残して行く家族に僕は心配があるかな。そんな感じだ。50歳が近づいた時、僕はこの日記を遺言のつもりで書き始めた。50代半ばで逝ってしまった父が僕をそんな気持ちにさせたのかもしれない。

その遺言も随分長く書き続けてきてしまった。書きたいことを書いてきた。もうすぐこの日記も6000稿を数える。わずか5行で終わる日もあれば、原稿用紙4枚ぶんにも及ぶ日もある。この6000稿近くの日記を編集して本を出せばというお言葉を友人知人から頂く。ありがたいお言葉だけれど、今生の僕のプランには文筆とか出版とかいうプランはない。

塾屋稼業を全うすればそれでOKだ。塾屋稼業も気づけば40年近くになる。飽きやすい僕の性格からすれば驚きの年月が過ぎてしまった。今更仕事替えなどないだろうし、塾屋として天命を終えるんだろうなと思う。

お金と贅沢には全く縁がない人生だったけれど、塾教師として本当に素晴らしい生徒に恵まれた。過去形で書いてしまったけれど、現在進行形だな。感謝しかない。

今日で春期勉強会が終わった。また明日からさりげない日常が過ぎて行くのだろうと思う。さりげないけれど、同じ日はない。だから頑張れるんだろうね。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

 

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2022年4月 4日 (月)

何も書けない時は

花粉症でくしゃみが止まらず何も書けません。こんな夜は早く寝るに限ります。

今日は仕事前に病院に行ってきました。ちょっとふらつくと思ったら血圧が低めでした。下が60でした。花粉症の薬のせいかもしれないので、今夜は薬を飲みませんでした。その結果くしゃみと鼻水の連続で思考低下。

おやすみなさい。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

 

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2022年4月 3日 (日)

春の海

0cb3ce59624b42bab1de01cf12fc5e2d

6ba01c58b86941eeb8f48ec1dc653f2d

気仙沼市大島に小旅行。

美味しいものを頂いて帰って来ました。明日からまた頑張ってお仕事ですね。

今日初めて気仙沼湾を横断する三陸道の大橋を走りました。高所恐怖症の僕にとっては、最高のスリリングでしたね。よくもまああんな巨大な橋を作ったものだと思います。土木技術に感服ですね。

験セミナーでは新年度の指導が始まっています。金曜日以外は全然余裕ですので、勉強したい人はどうぞ。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

 

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

今朝も氷が張っていたね

3ae853fa6d4146989dd1a549f295462d

日曜日の朝はゆっくりと思っていたけれど、たびたび揺れる地震と、朝方の寒さで早く目が覚めた。

外に置いたバケツの水が凍っていた。煙突掃除をしてから、寒くて速攻でストーブに点火した。ストーブの前でブログを打ち込んでいる。

中学の部活をコロナの影響もあってだいぶご無沙汰している。来週の日曜日から復帰するつもりだ。薪割りはだいたいいいようだし。畑も耕した。塾の春期勉強会は明日と明後日で終わる。講師で行っている修紅高校での僕の授業は11日からスタートだ。7日が入学式。

いよいよ新年度も忙しくなる。今年度は60を過ぎての手習いではないが、何か新しいことにチャレンジをしたいと思っている。自分の出来ることばかりしていると、マンネリ化の日常に襲われそうだ。

昨年は河北新報に評論を書くという大役を仰せつかったけれど、今年は文系的じゃないことをやろうかなと思っている。肉体系?いやそれはやめておこう。(笑)

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2022年4月 2日 (土)

光がやって来た

C5ad91012977495580aca560af933cd5

昨日4月1日は我が家にとっては記念すべき日だった。パソコンの入りが遅くてイラついていたADSLが、光になった。山里にようやく光がやってきた。

このブログは自宅のパソコンで打ち込んでいるのだが、サクサク入って行く。実に気持ちがいい。一昨日まではパソコンにスイッチを入れて、トイレで用をたしてきても、画面がスタンバイされていない状況だったが、スパッと入って行く。嬉しい。

ブログも15年目に突入した。15年前の4月は、パソコンの使い方も分からず、短い記事を書くのに1時間もかかっていたのだけれど、今思えばパソコンの動きもかなり遅かった気がする。今は10分ほどで一日分の記事を打ち込むことができるようになった。僕も少しだけ進歩した気がする。

そう言えば今年の中学3年生から、大学入試にプログラミングの入試が必須になる。それ用の塾が増えるんだろうなと思う。僕はパソコンはこれ以上は無理だな。とにもかくにも光が通って一安心。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

バラードをもう一度

48beaaabab5a49a7a6af37976b27b699

スマホにしてからというもの、アプリを使って、若い頃に聴いた洋楽を聴きまくっている。1970年代のバラードを聴いては、過ぎ去った時代の残像を追いかけているこの頃だ。

暗い森を歩いていたかのような青春時代を思い出して、時に息を殺しながら、そして懐かしみながら聴くバラードの数々は、ただただ思い出の曲ではあるが、あの頃からあまりにも歳を取り過ぎた僕にとってはある種の鎮痛剤のようでもある。

アトランダムに流れてくるメロディに突然キャロルキングやジャクソンブラウンのバラードが紛れ込む。ざわつく心の中で僕が生きて来た時代がフリーズする。

ありふれた日常が覚醒する瞬間、僕は間違いなく過去のを僕を羨んでいる。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »