最近のトラックバック

« 本当に英語が必要だろうか | トップページ | 春の足音が近づいているけれど »

2022年1月27日 (木)

ガレージ仕様だった教室

7c5b856cd7b74915ae7b6d69deab11f1

2703b6e9ee0a465c985a4c33e4fe17d5

塾に何故にガレージの看板があるのかって?実は寺子屋を32年前に始めたのは今と同じ場所。ガレージを改装した8坪ほどの教室だった。(2枚目の写真)

初心を忘れぬように、ガレージの看板を貼り付けているわけである。

52f377d314ed417d9f23d317d5d62905

今朝写した一関の街。須川岳を背景に新婚当時住んでいた関ヶ丘の街が写っている。大験セミナーをこの街で開講してもうすぐ32年。この街には大変お世話になった。隣町の花泉で生まれた僕はある意味よそもの。そんな僕を温かく受け入れてくれたこの街の人々に感謝で一杯だ。

ガレージ仕様の頃の教室から数えて、卒塾生も700名近くになる。多くの縁を持たせていただいた。あともう少しがんばりたいと思います。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

« 本当に英語が必要だろうか | トップページ | 春の足音が近づいているけれど »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本当に英語が必要だろうか | トップページ | 春の足音が近づいているけれど »