最近のトラックバック

« 実りの秋 | トップページ | 僕の顔 »

2021年8月24日 (火)

なぜ文豪たちは自殺をしたのか

私立高校で現代文を教えている僕だが、いわゆる文豪と言われる昔の作家さんたちは自殺者が多い。太宰治をはじめとして、昭和では三島由紀夫などなど。

高校生が、なぜ昔の作家は自殺が多いんですかと尋ねてくる。正直言って僕なりの理屈はあるけれど、明快な回答などできるはずもない。

若者たちに死生観をレクチャーできるほど、自分自身が大成していない僕は、誰かの受け売りでお茶を濁すばかりだ。教育に於いて、人生いかに生きるべきかのレクチャーはそれぞれの教師の力量に任されている。ましてや死生観に至っては、めちゃくちゃハードルが高い。

キリスト教系や仏教系の大学や高校では、それぞれの宗教的ポリシーでもって話を持って行けるのだろうけれど、一般の学校ではその土台骨さえない。

死んだらどうなるか。神様はいるのか。輪廻転生はあるのか。子どもたちがめちゃくちゃ興味があるテーマであるが、教える教科は実質ない。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

 

« 実りの秋 | トップページ | 僕の顔 »

コメント

ごぶさたしています。

記事を拝見していて、ふと思い出した文章があります。
坂口安吾が太宰治の死に触れて書いた「不良少年とキリ
スト」という一文です。「青空文庫」で読めますので、
よろしかったらご覧ください。

「青空文庫」 坂口安吾「不良少年とキリスト」
https://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/42840_24908.html

最初の★印の後の文に、安吾の考えが載っています。

まだ暑いです。お体大切に。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 実りの秋 | トップページ | 僕の顔 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ