最近のトラックバック

« 土曜日 | トップページ | 訪れ »

2021年4月 4日 (日)

勉強する動機

やっぱり塾なので、生徒たちの関心事はどこの高校に入ろうか、どの大学にしようか、そんな会話が一番飛び交うわけだけれど、勉強する動機はそれだけではないようだ。大人もそうだけれど、子どもたちにも欲しいものはいっぱいある。小遣い・スマホ・ゲーム・楽器・自転車etc.

僕が教育に携わり始めた40年前くらいは、お金やもので子どもたちのやる気を引き出すのは良くないという、断固たる信念みたいなものが大人にはあった。しかし時の流れの中でどうもそう言った声のトーンは変わってきて、親御さんの意見は、お金や欲しい物の為に一生懸命勉強して点数や順位が上がるのら、その代償として金銭やものを与えるのは別に問題じゃないという声が聞こえてくるようになった。

結論的に言えば、ものやお金の為に勉強をさせて何が悪いんだという事だろうけれど、個人的にはちょっと引っ掛かるものがあるのも事実である。

勉強が出来ないと、お金やものが手に入らないという心理を植え付けられて育ってしまうと、万が一受験に失敗したり、精神や身体の不調で学習が滞ってしまった時に、苦しくなった自分をフォローするエネルギーが弱体してしまうのではないかと心配である。勉強ができない自分は、何かを手に入れる価値はないみたいな感情が、巣くってしまう可能性を僕は危惧している。

成績が上がったから買ってもらえる。上がらないから買ってもらえない。その揺れ幅を考慮した教育や子育てというものを主導してもらえればと思う。

 

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

« 土曜日 | トップページ | 訪れ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 土曜日 | トップページ | 訪れ »