最近のトラックバック

« 年収第一位の出身大学は | トップページ | 怪しげな塾なのもだから »

2021年2月20日 (土)

現代文の哀愁

大学入試の現代文の指導ほどモチベーションの持って行き方が難しいものはない。数学の公式や英語の構文のような定型の指導があれば、それなりのアクションが生徒から返ってくるので受験生の進展状況が見えてくるのだが、現代文は悪い意味でもよい意味でも闇が深い。

抽象的な国語力を伸ばすのは、読書量や読書の質はもちろんだが、会話力や感情力のような、人間そのもののあり方を読み取る力が必要とされる科目である。とくに小説における4択の設問などは、筆者の意図というよりはもはや大学入試を作成する出題者の意図をくみ取らなければならない。

そんなに勉強しなくてもそれなりに点数がとれる現代文ではあるが、それなりの勉強では決して高得点をとることが出来ない教科であることも間違いない。国語教師には気の毒な話だけれど、高校の3学年も中盤以降になると、受験生にとって現代文の時間は、英単語の暗記だったり、数学の証明問題の解法等の内職の時間と化している。かく言う僕も、高校の現代文は英単語の暗記に没頭していた。なんとも失礼な生徒であった。

現代文を攻略する力は、当然ながら英文の読解力にも、数学の証明問題にもリンクして行く。現代文はなかなか定着度の実感を味わうことが出来ない受験科目ではあるが、人生を歩んでいくにはもっとも必要な勉強科目だと思う。現代文を高校で教えている僕だが、ゆえに脱線ばかりして進まない( ;∀;)。

 

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

« 年収第一位の出身大学は | トップページ | 怪しげな塾なのもだから »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 年収第一位の出身大学は | トップページ | 怪しげな塾なのもだから »