最近のトラックバック

« 向日葵 | トップページ | プチプチリフォーム »

2019年9月 5日 (木)

たまったももんじゃありません

学校の成績で人間を評価してしまうのが教師です。点数で評価するという体制がそうさせてしまったのですが、学校で習う教科ごとくで、人間性まで含めて評価される生徒たちはたまったもんじゃありません。
一方、学校のテストごときで、うぬぼれて同級生を見下す生徒も気の毒です。本質を見失っています。
頭がいいって何でしょうか。
よく英語が出来ない生徒が、単語の意味がさっぱりわからないと言います。例えば中学で習う英単語は1500あまり。それこそ、penやboyなどの単語を含んでの数ですので、実際覚えなければならない単語は1000にも満たないはずです。
ポケモンのキャラクターを全部覚えている生徒がたまにいますが、ゆうに1000を超えています。英単語を覚える方がはるかに簡単です。
頭がいいって暗記力でしょうか。それとも文章力でしょうか。指導力でしょうか。
価値観がこれほど多様化した現代社会でも、生きる本質は食べて行くことです。その食料を手に入れる能力が、それぞれの選択によります。
僕は30年以上稲作農家をやって来ました(3年前に廃業しましたが・・・)。食糧を生産することは本当に大変です。体力と根性が必要です。眠くても朝早く起きなければなりませんし、農機具の整備もこなさなければなりません。30キロの米袋を持ち上げる腕力も必要です。
塾教師も40年近くやってきました。因数分解を教えるのも、電気のオームの法則を教えるのも、形容詞と形容動詞の違いを教えるのも得意です。でもやっぱり教科を教えるより、農家をやる方が大変でしたね(笑い)。
人生ってそんなもんです。教科を教えることなんて、いっちゃ悪いですが誰でもできます。勉強さえすれば大学や大学院に行く必要はありません。でも教員免許をとって採用されないと学校の先生にはなれません。塾教師は資格は必要ありませんが、合格に導かないと即アウトです。
人の良し悪しは、見た目って言う人もいます。優しさと言う人もいます。経済力だと言う人もいます。
それぞれの価値観でいいのだと思います。学校がつまらないという声をたびたび聞きます。間違っていたらごめんなさい。学校の先生じたいが、学校を面白いと思ってないから、生徒もつまらなないのではないでしょうか。
僕は塾での仕事はめちゃ楽しいと思っています。生徒も塾では楽しそうに勉強しています。それだけのことですが、大切なことだと思います。
今日も長いつぶやきになってしまいました。失礼しましたm(_ _"m)

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

« 向日葵 | トップページ | プチプチリフォーム »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 向日葵 | トップページ | プチプチリフォーム »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ