最近のトラックバック

« 文系 VS 理数系 | トップページ | 高校の中間テストが終わって »

2019年6月13日 (木)

英語を流暢に話すようになるためには

かれこれ40年ほど英語を中・高生に教えてきました。
はっきり言って、現在の日本の学校教育ではバイリンガルの生徒は育ちません。中学1年からの英語が小学5年生からのスタートになっても同じです。中学校から英語の塾に通わせても、会話力が伸びることはほぼありません。受験英語に強くなることはあっても、英語で日常を・・・・と考えるのは難しいですね。
本当に英語を母国語並みに話せるようになるには、3歳くらいから外国人の個人レッスンを毎日受けるか、中学生で英語の基本を徹底的に学んだ後、高校・大学と英語圏で暮らすことですね。
僕の周りで英語を流暢に話す日本人のほとんどが、海外生活経験者です。ちなみに僕らの世代の英語教師も大多数が英語を流暢に話せません。
受験指導と英会話レッスンは別次元です。
踊りを習っていますと言っても、クラシックバレーと日本舞踊はまったく質が違いますよね。そのくらい違います。
さて今、聞き流すだけで英語が修得できます的な、教材が増えていますよね。あれを信じて大枚を支払うのは精神安定剤としてはいいかも知れませんが、お金をどぶに捨てるようなものです。
中学英語がしっかりできて、英検2級以上の方がやって初めて効果がでる代物です。最低、中・高校の基本単語3000語の意味を理解せずして、本格的な会話力は身につきません。ゆめゆめ早とちりをなさらぬように。
それから英語が出来ない中学生の皆さんは、教科書の中身を収録したCDを聴きながら、教科書を読めるようになることですね。読めない英単語や英文は、いくら書いても、悶えても、身に付きません。
そういうことで、楽して英語を身に着ける方法はありません。教科書と文法書とそしてCDを駆使して、覚えるしかないのです。
中学3年間の英文力と、高校1年生程度の文法力があれば、英語は使えます。使えるという意味は、日常の基本会話は出来るということです。頑張って欲しいです

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

« 文系 VS 理数系 | トップページ | 高校の中間テストが終わって »

コメント

お久しぶりです。

受験英語と英語会話とは別物ですね。
うろ覚えの話で申し訳ないのですが、ある語学学校の理事長をしている方の話を以前聞いたことがあります。

日本人は中学3年間、高校3年間、場合によっては大学4年間の計10年間も英語を勉強しているのに、なぜ英語が話せないのかという疑問に対する回答です。

それは、英語の音に触れる時間が圧倒的に少ない、のだそうです。これは聞くほうと話すほうの両者を含めてということですが、たとえば中学校の英語の授業50分の中で果たして英語の音に触れている時間がどのくらいあるのか。まあ10分もあればいいところではないですか。その方が言うところによると、聞き取りができて話せるようになるには、毎日1時間半から2時間英語だけを浴びる状態に置いて、それを2年くらい続ければ、何とかなるということでした。要は英語の音に触れる時間の絶対量が少なすぎるから、聞き取れないし話せないのだということのようです。

金田先生の記事にもあるように、発音できない単語は覚えられないので、まずは発音できるようにするところからなんでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 文系 VS 理数系 | トップページ | 高校の中間テストが終わって »