最近のトラックバック

« あしからず | トップページ | 一関ニ高が過去30年間で最高倍率 »

2019年2月13日 (水)

孤独との共存

墓参りをするたびに目が行く、供養塔に刻まれた父の年、56歳。 僕が29歳の時だった。長男が今年29歳になった。そして僕は亡くなった父の年齢を二つ超えた。

P1000290


僕のブログをいつも読んでいてくれた従弟が昨年亡くなった。48歳だった。従弟は独身で子どもがいなかったので、残された叔父夫婦が今後天国に行くことになれば、誰もお墓を守る人がいなくなる。実家である我が家のお墓への納骨を勧めたが、いまだ遺骨は叔父夫婦に見守られている。

 結婚しない若者たちが増えている。結婚できないのではなく、結婚はいいやという方々が増加中なのだという。僕もあと2年で還暦という年齢になったわけだけれど、独身の同い年が結構いる。

「俺も60が近づいてきたけれど、病院で死にていな~」と友人が僕にもらした。

両親が他界し一人暮らしの彼なのだが、孤独死はいやだな~と僕に語った。切実な言葉だな~と思った。年を重ねることは素敵な事だけれども,孤独との共存でもある。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

« あしからず | トップページ | 一関ニ高が過去30年間で最高倍率 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 孤独との共存:

« あしからず | トップページ | 一関ニ高が過去30年間で最高倍率 »