最近のトラックバック

« 男子力の衰退 | トップページ | 因数分解から見えてくるもの »

2018年4月 8日 (日)

神社オタクのつぶやき

 趣味は何かと聞かれれば、間違いなく神社・磐座巡りと答える僕だが、FB等で頻繁に近隣の神社を紹介しているものだから、ご利益について尋ねられることがしばしばある。
 神社と言っても様々な系統というか、祭られている神様によってそれぞれの得意分野があるようで、そんなことも含めて神社巡りはやめられない。ズバリ言って龍神オタクの僕は、竜神様が祭られている神社に愛着を持つわけで、白山・熊野系列の神社や早池峰のような瀬織津姫や、石巻の金華山黄金山神社のような弁才天が祭られている神社は外せない。
 また山を愛する人間なので、山神である此花の咲夜姫をお祭りする神社も大好きである。早い話が嫌いな神社はないわけで、完全な神社オタクである。
13174008_1713903745517476_514678263
最近は神社ブームだそうで、神社に関する多くの本が出されている。嫌いではないので結構目を通す僕だが、30年以上にわたる神社オタクとしては賛成しかねない記事もある。
 さびれた神社にはいかないようにとうことを書く方がおられるが、ちょっとちょっとという感じである。さびれた神社だからこそ、神社愛のある人は参拝に出かけ、ちょっといじけている神様やご眷属を励まし、かつてのパワーを復活させてあげる愛が必要なのだと思う、神社オタクである。
 この神社の神様が弥栄ましまし、この神社に縁ある方々がよき生活を送れますように。こんなような祈願をしてあげれば、神様も喜ぶだろうし、このような言霊に祟り神など関与できるすきはないわけで、行ったものにもありがたいパワーが頂けるというものである。
 あとよく尋ねられることだけれども、神社仏閣に行っても何も感じないんですよね、見えたりする人が羨ましいですなんて方がいらっしゃる。実は見えたり感じたりしないということは、そういった世界からブロックされている証拠で、ある種幸運な方々だと思う。見える人に聞くと大変らしい。
 とにもかくにも僕の神社放浪は止まりそうもない。上の神社の写真は、震災時の危機を救ってくれた一関の熊野白山瀧神社。パワフルな竜神様がいらっしゃいます。下の写真は、神集う五葉山の頂上の磐座である日の出岩に登り、いい気になっている僕(笑い)。
21762082_1936603959914119_6897429_2
今年も山の雪が解けると、僕の山神探訪がはじまる。今年はまたどんな素敵な出逢いがあるだろうか。わくわくのかねごんである。

« 男子力の衰退 | トップページ | 因数分解から見えてくるもの »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神社オタクのつぶやき:

« 男子力の衰退 | トップページ | 因数分解から見えてくるもの »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ