最近のトラックバック

« 色気より食い気 | トップページ | 爆笑物語り »

2017年8月21日 (月)

孤独感はどうして生まれるんだろう

孤独ってなんだろうか。

友だちがいないこと。愛する人がいないこと。家族がいないこと。いろいろな定義が想定される。僕が思うに、孤独感と言うのは、相手に対して強いつながりを求めて、叶わない時に一番襲われる感情ではないかと思う。

自分の気持ちを100%相手に伝えることは不可能なこと。しかし、伝わらない瞬間に僕らは、何らかのストレスにさらされる。 『どうして僕の気持ちがわからないんだろう』そんな言葉が頭の中をかけ巡る。

自己の感情が悪魔のように囁く。僕はあいつより出来る人間なのに、どうして僕はこんな扱いをうけるんだろう。無意識に僕ら人間は、相手の人間より自分が優位であることを想定する。学歴や経済力など関係ない。

我々が生きて行くために、DNAかなにかにインプットされたサバイバル機能なのかも知れないが、この優位感情が人類の全ての争いの原因のような気がする。

昨今先生と言われる人間が、尊敬されなくなったと言われるが、そんなことはない。昔もそうだった。ただ昔の人たちは、尊敬する演技を無意識にやっていただけだ。そこを勘違いすると、先生と呼ばれる職種の方々は勘違いして、いわゆる孤独感にさいなまれる。

感謝やありがとうが大切だと教えられる。しかしそのことで、いいことが自分に返ってくるという感情が忍び寄った瞬間に、虚無感が忍び寄って来る。

自分が特別な存在だという世の中のCM的啓蒙から、ちょっと離脱してみるといい。普通であることが何かなさけない事のように思う幻想をやめると、普通が楽になる。そう思いませんか。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

« 色気より食い気 | トップページ | 爆笑物語り »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/402165/71481814

この記事へのトラックバック一覧です: 孤独感はどうして生まれるんだろう:

« 色気より食い気 | トップページ | 爆笑物語り »