最近のトラックバック

« 一人っ子の世界観 | トップページ | 頑張るか! »

2017年6月15日 (木)

短大・大学は行く価値があるのか

日本の大学進学率は、横ばい状況になっている。私立大学のA,O入試で、大学に入りやすくなっている昨今ではあるが、経済的な問題が、進学の壁になっているようだ。

大学は行った方がいいですか?生徒からよく尋ねられる質問だ。家庭環境等の問題で、進学を悩む生徒も多いわけだけれど、行きたいなら行くべきだと思う。

確かに大学の質が低下してきた近年、行く価値があるのだろうかと躊躇する生徒もいるのだろうが、後々の就職や仕事のことを考えれば、大卒や短大卒の資格は、あって邪魔になるものではないし、長い人生を考えれば、大学の学びは大切なものだろうと思う。

一流企業は、一流大出の人材を求めるわけだけれど、3流4流の生き方というのも間違いなくある。ほどほどに頭がよくて、ほどほどに仕事が出来れば、人生はなんとかなるものだ。一流にこだわる必要はない。

大学で目的もなく、遊びほうけるなら、そりゃ行かなくてもいいだろうけれど、目的があって学びたいことがあれば、行った方がいい。

お金に関しては、奨学金とバイトでなんとかなるはずだ。コンパは行かなくていい。車も必要ない。金がかかるなら、成人式も行く必要がない。ガラケイがあればスマホはいらない。卒業旅行?そんなものは行かなくていい。

僕は風呂無しのアパートに6年住んでいたが、夏は水道の水を浴びていた。ジーパン2本とTシャツ3枚あれば6月から9月まで生きられる。サバイバルは結構楽しいものだ。ちなみに東京生活の6年間はテレビは必要なかったし、大学や市の図書館に行けば、本は無尽蔵にあるので、買う必要もなかった。お金を使わない工夫はくされるほどあった(笑い)。

大学で僕が学んだこと、それは人生は結構暇だということだ。仕事に忙しいと言いつつ、ギャンブルやお酒や不倫に精出すかたは多いきっと時間の使い方を知らないんだろうと思う。

暇な時間の有効活用を大学で学んだ僕は、実に多くの時間を楽しんでいる。ギターがあれば曲が生まれるし、軽トラックで山をかけ巡れば、様々な驚きと出逢う大学を出たおかげで、なんだか知らないうちに、先生と呼ばれる仕事までさせて頂いている。

20140902_170001

3流4流だってちゃんと生きる世界はあるのだ。迷っているなら大学や短大に行ってみよう。僕はそう思う。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

« 一人っ子の世界観 | トップページ | 頑張るか! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/402165/70868633

この記事へのトラックバック一覧です: 短大・大学は行く価値があるのか:

« 一人っ子の世界観 | トップページ | 頑張るか! »