最近のトラックバック

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月30日 (木)

非通知の電話について

事務連絡です。

最近非通知の電話が塾にかかってきますが、非通知での電話を拒否する状態になっていますので、ご注意ください。

体験希望のお電話等を頂いておりますが、こちらからしつこく営業の折り返し電話をかけたりしませんので(笑い)ご安心ください。

よろしくお願い致します。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2017年3月23日 (木)

不確定社会に生きる我々は・・・

合格発表が終って1週間が過ぎた。新高校生は、スマホを買ってもらったり、制服の寸法どりなど、何かと忙しい日々かも知れない。

塾では、合格した高校から出された宿題を持ち込んで勉強に励んでいる生徒がいるが、全体的にはのんびりした春休みの日々なのだろうと思う。

今朝の一関は雪だった。卒業シーズンが終わって雪が降るのは6年ぶりかな。冬タイヤを交換している光景をここ2,3日見かけたが、まだまだ季節は移ろいやすく、冬タイヤは必用なようだ。

昨今の入試を見て思うことがある。基本問題が姿を消し、中途半端な基礎力では問題が解けなくなった。500点満点で200点をとることが厳しい生徒が増加している。

つまり数学にしても英語にしても、理科の計算問題にしても、だいたい分かったでは解答出来ないのだ。完全に分からないと足元をすくわれる問題が増えた。学校の授業になんとなく付き合っている中学生は、蚊帳の外という感じがするのではないだろうか。

岩手県は公立高校の倍率が低下し、正直とても入りやすくなった。それほど勉強しなくてもという感じが、そこはかとなく水面下で広がっているかも知れない。おまけに国立大は別として、私立大学もある程度の通信簿の点数を維持するば、推薦で入ることが容易だ。

で・・・なにが生じているのかというと、言葉は悪いが低レベルでの安定化だ。もうすぐセンター試験テストに記述式が導入されるということで、英語教育の見直し論が巷にあふれだしているが、そもそも英検にしても大学入試のセンター試験にしても、マークシートテストだ。もうすでに昔からお気づきの方がいるかも知れないが、英語の知識を試す問題であって、実技的な問題では決してない。ゆえにこれほど長年にわたって、莫大な予算と時間を英語教育に投じてきても、日本人は英語が使えない。

受験科目に英語があるから、仕方なく英語をやっています的な状況が永遠と続いてきた。おまけに昨今は文法の授業が悪の根源のように言われ、外国人により会話授業を促進しているが、まじかよという想いがするね

僕らの世代は、文法ありきで英語を学んできた人種だけれど、文法を学ぶことで、その言語を話す国民というか民族の性質みたいなものがよく理解できたきがする 。仮定法や知覚動詞や分詞構文などを眺めていると、なるほどこう来たかみたいな、発見があったね。

今の高校では5文型なるものも、ほとんど教えない。僕はこの分構造の理解こそが、英語の根本だと思っているがんこ爺なので、猛烈な違和感がある。

塾業界は、来年度に向けてまた忙しい時期を迎える。生徒募集だ。どんな理論をかざそうと、理屈をこねようとも、生徒が入って来なければ、ただの絵に描いた餅だ。僕の塾も同様に同じ。

どこそこに生徒が合格しましたなんて言う実績は、昨今それほど重要ではない。なぜならほとんどの生徒が受かるからだ。うちの塾のように月謝の安さも重要じゃない。格差社会の昨今、お金持ちは高い授業料の塾に向かう。

宣伝がうまい塾に生徒が集まる。これは資本主義経済の基本理念だ。スマホを買い求める生徒さんで、テレビCMの影響を受けない生徒さんはいないだろうと思う。不確定社会に生きる我々は、情報こそ唯一のサバイバルツールだと思っている。逆にその情報にうまく誘導されていることに残念ながら気づかない。

権力とお金に負けないためには、精神や心の自由度が必要だ。それを鍛えるのは、学びだろうと思う。わけのわからないテレビ番組や、このようなブログやFBに構っていないで(笑い)、本を読もう。春休みだしね。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2017年3月15日 (水)

卒業おめでとう!

卒業式、門出だね。

「他人に望まれるように」ではなく、

「自分らしく生きれば良かった」

という後悔をしないように、生きて行って欲しい。

20140902_170001_2

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2017年3月11日 (土)

春なのに

学校の宿題が多いので、結果的に塾で宿題をやる生徒が増えている。

特に進学高校の宿題は半端じゃないので、昔のように塾独自の演習をやらせる隙間が微塵もない。宿題の解答マシーンとなってしまっている自分が、不甲斐ないことも多いのだけれど、しょうがないのだろうと諦観の境地だ。

春休みも学校宿題は大量だ。ちなみに僕らの中学・高校時代は春の宿題など皆無だった。ゆえにこんな不良オヤジになってしまったのかも知れないが、まあドンマイだ。そのかわり遊ぶ時間と読書の時間は死ぬほどあったので、この年になっても暇を持て余すことがない。それが唯一の慰めだろうか。

20140902_173456


今日は3月11日。テレビ・ラジオ局各社はあさから特別番組だ。今日は26年間お世話になった教室の大家さんの告別式。たったいま弔辞を書きあげたところだけれど、書いているうちにいろんな思いがこみ上げて、泣けてくる。祈りの一日になりそうだ。

中学3年生と高校3年生の指導が終了し、塾生の数が半分になる。本当はこの時期苦手な科目を教えるには絶好の時期なのだけれど、中学生は部活に忙しくなる。部活が忙しいので休塾します。やめますという生徒が出てくる時期だ。そして秋に慌てる。

僕もそうだった。部活さえしていれば人生はどうにかなるものだと思っていた。しかしどうにもならなかった。勉強の方が大切だと思ったのは、さんざん失敗してからだった。まったくもってドンマイだ。そのドンマイさゆえに、塾教師になった。いやなってしまった。

春になると本当は嬉しいんだろうけれど、塾教師である僕はまったく嬉しくない。本音である。青春時代の苦い思い出ばかりが蘇る。そして3月11日の哀しみが重なって、僕はふらふらだ。

花粉症はやってくるし、かわいい教え子たちとの別れはやってくるし、春なんて大きっらいだ。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2017年3月10日 (金)

春期勉強会のお知らせ

春期勉強会受付中です。

【期間】3月21日~31日の間7日間を選択してください。土日を除き     

        午後1時以降より2時間30分の指導。

         部活の時間状況に於いて、夕方以降しか参加できない人も

      OKです。 

【費用】 小学生・中学生は5教科で8000円です。

      高校生の英語指導は7000円です。

【新高1特別講座】4月より英語ゼミを受講して頂く新高校1年生は

                 合格した高校から出される宿題を持ち込んで勉強

            してください。料金は無料です。

 ※ 問い合わせは大験セミナーまでよろしくお願い致します。

    ☎0191(23)0824 このブログのメールからでもOKです。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2017年3月 7日 (火)

緊急連絡

教室を四半世紀お借りしてきた大家さんが亡くなりました。

息子のように面倒をみてきて頂きました。感謝以外のなにものでもありません。

3月11日に願成寺に於いて午後1時より告別式が営まれます。

11日の塾はお休みさせて頂きます。後日振り替えをお願い致します。

2017年3月 2日 (木)

便利な世の中になったものだ

20140902_184848


ギターの調弦は、昔は写真の下に映っている笛のようなもので合わせていた。今は音を耳で拾わなくても、センサーが内蔵されている電子装置で簡単に調弦が出来る。便利な世に中になったものだ。

ところで電話の転送システムが修復しました。塾の電話にかけて頂ければ、いつでもどこでも連絡がつきます。まあ~考えてみれば、これも文明の利器ですね。便利になりました。

ところでこのギター誰のかって?う~ん素晴らしいギターが僕のところにやってきてしまいました。恐縮の極みです。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

2017年3月 1日 (水)

しばらくご不便をおかけします

本日訳あって、教室の固定電話の回線を他の会社に変更したのだけれど、電話会社の手違いで、転送システムが使用不可になってしまいました。塾への連絡は、営業中のみ可能となります。しばらくご不便をおかけします。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »