最近のトラックバック

« 頭がいいね! | トップページ | 0円の携帯写メ »

2016年11月 8日 (火)

温泉彷徨

Photo

僕は地元花泉北中学校の出身なのだけれど、中学2年の時の遠足が、宮城の鬼首(おにこうべ)温泉郷だった。なにぶん41年も前の記憶なので曖昧なのだが、賑わいのあふれた温泉街の光景が残像として残っていた.。しかし昨日41年ぶりに訪れった温泉街は、つげ義春の作品に登場するひなびた温泉宿そのもので、それはそれで情緒があってよかったのだけれど、流れ去った時代の長さを思わず感じてしまったかねごんであった。

年を取るにしたがって、温泉の魅力がそこはかとなく押し寄せてくるこの頃である。北上の夏油温泉、花巻の鉛温泉、宮城の鳴子温泉、そして先月の秋田・玉川温泉と、僕の温泉彷徨は頻度をましてくるのだけれど、わずかワンコインの日帰り温泉に、僕は何にも代えがたい安らぎを覚えるのである。

確かに一関市内も素晴らしい温泉があって、足を運ぶのだけれど、秘湯の温泉は、その源泉の素晴らしさもさることながら、行く着くまでの風景もまた楽しからずやで、四季折々の光と風を味わえるのが、最高の贅沢である。

これからみちのくは雪の季節を迎える。秘湯の旅はしばらくおあずけになりそうだが、温泉で癒されたパワーでもって、これからの受験指導を驀進したいと思う、今日この頃である。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

当塾のホームページはこちら☞➡大験セミナー

« 頭がいいね! | トップページ | 0円の携帯写メ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

カネゴン様
 先日のブログを拝見。

> 柘植義春の作品に登場する鄙びた温泉宿そのもので、
> それはそれで、風情があって良かったのだけれど、
> 流れ去った時代の長さを思わず感じて----

 お時間がある時で結構です。
 この「鄙びた温泉宿の風情」を、ネット上で世評も高い、カネゴン氏の撮影手腕を以て、このブログで紹介して戴けませんか?御健勝を願っております。
 お元気で。

(かねごん)
Yozakura様今日は。岩手一関は初雪が降り、遠方の山々は白い世界となりました。山間部の温泉地も雪タイヤが必要となり、いよいよ本格的な冬の到来です。
温泉シリーズ、ぜひアップしてみたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/402165/68316821

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉彷徨:

« 頭がいいね! | トップページ | 0円の携帯写メ »