最近のトラックバック

« まるでエロ小説・・でも予備校のテキストなのだ | トップページ | 神様はいますか? »

2016年2月 1日 (月)

冗談のような金額だ

さて、今日はこれから病院を二つ掛け持ち。そして母の特別老人ホームの施設の申し込みに、奔走してくる。

市内の特別老人ホームはどこも平均150人待ち。空きがなく、現在母は、宮城県の有料施設にお世話になっている。先日の記事でも書いたが、今の塾の仕事をやめるわけにもいかず、苦渋の選択だ。

それにしても5年待ちの入所というのは、頭を抱えてしまう。認知症のグループホームはほとんど新設されず、現在宮城・岩手両県で建設中の特別老人ホームは、そのほとんどが個室の施設だ。

プライバシーの保護ということなのだそうだが、施設費用がグループホームの2倍以上かかり、年金内での出費が不可能な状況になっている。国の方針だとしたら、いかがなものだろうか。

僕らのような自営業者は将来もらえる年金が月6万円だ。冗談のような金額だ。子どもに面倒を見てもらうか、なんとか死ぬまで働き通さなければならない。

きっと選択は後者だろうな。さて病院に行って薬をもらってこよう・・・・・。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

新学期のカリキュラムのご案内➡大験セミナー

« まるでエロ小説・・でも予備校のテキストなのだ | トップページ | 神様はいますか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冗談のような金額だ:

« まるでエロ小説・・でも予備校のテキストなのだ | トップページ | 神様はいますか? »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ