最近のトラックバック

« 気持ちを代弁してくれたつぶやき | トップページ | 頭の使い道の相性というものはあるようだ »

2015年11月27日 (金)

学費の滞納

学費を滞納している私立高校生が、わずかながら増えていることが11月24日、全国私立学校教職員組合連合(全国私教連)の調査結果から明らかになった。滞納生徒の割合は、全国平均1.09%に対し、もっとも高い兵庫県は3.30%と、自治体間によって開きもみられた。

 調査は、2015年度上半期(4~9月末)において、3か月以上の学費滞納と経済的理由による中途退学を集約したもの。加盟校を中心に配布し、33都道府県の私立高校297校(対象生徒数261,267人)、私立中学校125校(対象生徒数44,453人)から回答があった。

 3か月以上の学費滞納生徒がいる私立高校は、78.1%にあたる232校。生徒数は、調査対象者全体の1.09%となる2,835人。前年同時期の1.07%から微増した。

 経済的理由での高校を中退した生徒は、22校32人。調査対象者全体に占める割合は前年と同じ0.012%で、横ばい状態となった。

 全国私教連によると、2010年度に施行された就学支援金制度や都道府県による減免制度拡充により、9月末段階で3か月以上学費を滞納する生徒の割合は年々低下が続いていた。増加したのは、2010年以降では初めてとなる。

 私立高校生の学費滞納の実態は、自治体によって差があり、格差が拡大している。滞納生徒比率を道府県別でみると、もっとも高かったのは兵庫県の3.30%で、全国平均1.09%より3倍以上高かった。北海道3.09%、青森県2.62%、岩手県2.37%など、北海道や東北地方で滞納生徒の割合が高い傾向もみられた。

 全国私教連では、学費納入の困難さを生んだ要因は、家計収入の影響なども考えられるが、北海道や東北地方の各自治体の制度は、施設設備費などを含めた学費(学納金)補助制度ではなく授業料補助制度であり、生徒の実情に合っていないことなどが考えられると分析している。

 一方、私立中学校で3か月以上の学費を滞納した生徒は54校127人。生徒全体に占める滞納生徒の割合は0.29%。前年の0.21%からやや増加した。経済的な理由で中退した生徒は、5校5人であった。
 

2015年11月25日(水)18時15分配信 リセマム

私立高校の学費の滞納が増加しているのは確かだ。東日本大震災の影響を被った東北太平洋岸の地域に於いては、滞納の増加はさらにあるようだ。

僕の住む地域では、基本的に高校生のバイトは禁止されている。僕らの頃は高校の授業料を自分で支払うために、バイトをしていた同級生は結構いた。もちろん当時と言えども堂々とやるバイトはご法度で隠れてやっていたものだけれど、学校側も校則としてバイトの禁止は盛り込まれていたけれどれども、今ほどチェックが厳しくはなかったような気がする。かく言う僕も、高校・大学と私立だったもので、親に負担をかけられず、奨学金とバイト代で学費を工面したが、それが普通の時代だった。

今高校生のバイトをオープンにしてしまうと、スマホや遊行費のためのバイトとあいなり、学校の勉強はどこへやらというのが学校や世間一般の常識で、信頼されない不満はあるのだろうけれど、やはり学費のためのバイトとはなかなかいかないのだろうと思う

ところで高校生を持つ親御さん世代というのは、なにかと出費がかさむ世代だ。こどもの学費のために蓄えていたお金が、親の病気や介護で飛んでいったり、上の子が車が必要になったり、成人式の着物代がかかったり、くらくらしそうなくらい、お金が飛んでいく。そしてこのご時世リストラになどなったら、本当に学費どころではなくなってしまうのだろうと思う。

当然のことだけれども。生きて行くのにはお金がかかる。水も電気もそして教育費もただじゃない。利便性があがればあがるほどお金がかかっていく。そして一度レベルを上げた生活をなかなか下げることが出来ないのが、僕らの生活人情だ。

公立高校の授業料が無償化してから、私立高校の運営はいろんな意味で厳しさを増している。私立高校を出て、私立高校での講師を数年やってきた僕が言うのもなんだが、私立高校の先生方は、本当に一生懸命だ。公立の先生方の1年分のボーナス分ぐらいの年収で、部活やら生活指導やら、朝から晩まで、まともな手当てももらうことなく頑張っている。

そんな姿を見るにつけ、やっぱり学費の滞納というのは痛いな。教育はなかなか形として見えないけれど、お金がかかるんだよね。塾だってそうだけど、滞納されると本当に大変なんだよね。

なんとか子どもをお持ちの親御さん方には、計画をたてて、やりくりをしてもらいたと思う反面、どうしても生活が厳しくなったなら、そうなる前に学校や公共機関に相談するべきだと思うね。黙ったまま払えませんは、こどものためにも良くないと思います。ハイ。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

新学期のカリキュラムのご案内➡大験セミナー

« 気持ちを代弁してくれたつぶやき | トップページ | 頭の使い道の相性というものはあるようだ »

コメント

公立高校無償化の際に私学生にも相当程度の補填がされてはいるけれど相対的な割高感は極まっているのかもしれません。公立高校再編の意見交換会でも私学も無償にしろ!と恫喝していたオジサマがおられました。公立高校が今の規模・配置のままでは誰も私学に行かなくなってしまいかねないぐらいの少子化進行なので、両私立高の募集定員も尊重しながら、どういう形であれ公立高校の定員は大なたが振るわれます。経済力がある家庭が私学の特色ある教育を求めて子どもを入学させるのが理想だと思いますが、望まない親子が消極的選択でやむを得ず入学させているケースも多いでしょうし、これからも続いていくことでしょう。私立なので(公立もだけど)全員部活加入だと思いますが部活を強いるよりも学費や生活の足しを稼ぎながら学ぶことを認めていかざるえなくなっていくのではないでしょうか。部活をしないことだけでも経済的に助かる家庭が有りそうにも思います。

(かねごん)
Mr.Peki-chan様コメントを頂きありがとうございます。
公立高校再編の問題と、私立高校存続の問題は、間違いなく多重的にリンクしていますね。
私立は絶対なくなっては困ります。公立高校が近年定員割れをしている状況に於いて、私立高校の進むべき選択肢もまた変わらざるを得ないと思います。
課題は山積みですが、あくまでも生徒たちの教育を優先すべきであって、統合や再編ありきでの論点は、道筋が違うような気がします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学費の滞納:

« 気持ちを代弁してくれたつぶやき | トップページ | 頭の使い道の相性というものはあるようだ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ