最近のトラックバック

« 10月は忙しい | トップページ | アラハバキ神とのファーストコンタクト »

2015年10月12日 (月)

今年第1位のワード検索は

ブログの検索機能を見ると、どのようなワード検索でどのくらいの人数が自分のどの記事を読んでいるのかがわかるのだけれど、今年の春からダントツ1位になっているのは、『塾の辞め方』という検索ワードだ。

これは二通りの解釈が可能だろうと思う。つまり塾を退塾したくて、その辞め方を検索されている方と、塾を営んでいるか、もしくは塾に勤めている方が、その辞め方で検索しているのだろうと思う。

僕の町に限って言えば、そのほとんどがフランチャイズの塾になった。ノンフランチャイズの個人塾は僕の塾を含めて4件だけで、あとは全部フランチャイズ塾ということになる。

僕はフランチャイズ塾を決して非難しているわけでもないし、全くの個人塾が素晴らしいと思っているわけでもない。フランチャイズ塾は教材研究やパソコンのソフトの研究が素晴らしくて、その指導ノウハウは目から鱗のものが多い。僕は市販されている教材をだいぶ参考にさせていただいている。

塾をやりたいという方は、フランチャイズのノウハウをそのまま借用できるシステムの方が楽なのは当然だろうし、広告宣伝も全国規模のCM等に便乗できるメリットがある。難点は加盟料や開校の費用が結構かかることだろうけれど、順調に生徒が集まれば、その後の経営は順風満帆かもしれない。

一方僕らのような個人塾は、すべてが経営者の創意工夫にかかってくる。看板から教室のレイアウト、広告の媒体をどうするか、指導教科の選択、講師の配置等々、開校する時も、そしてそれからも、右往左往の毎日だ。それで生活が成り立てばいいのだけれど、そうじゃないのが人生というもので、金策に走ること多かりきである。

震災前は稲作農業と畑作の自給自足的な生活だったものだから、なんとか凌いできたけれど、震災後の放射能汚染は、地域の食文化を震撼させ、わが家の生活は完全にペースを崩された。それは経済的にも精神的にもである。

幸いにも私立高校や短大での非常勤講師の職を得ることが出来たので、昨年まではどうにか塾もやって来れたのだが、今年度は昼の仕事が見つからず、正直廃業の2文字が頭をよぎった年でもある。

四半世紀も塾を営んで来ると、今年のような危機的な年は何度かあるものだ。今年もそうだったが、そんな時に救ってくれるのが家族である。僕は見栄もプライドもないので、困った時は正直に家族に相談することにしている。よく女房や子供に隠して、借金をする方がおられるようだけれど、僕はそれだけは絶対避けたいと思って生きてきた。

お金がないならばないなりの選択肢はある。切り詰めるところは切り詰め、耐えるべきところは耐えればいいのだ。そして一人で抱え込まないことだ。生きていれば当然のことながら、調子がいい時も調子が悪い時もある。僕は調子が悪い時こそチャンスだと思って生きてきた。気づきや学びの年だと思えば、必ず次の打開策が見えて来る。

塾の辞め方というワードをパソコンに打ち込んでいる皆様に一言、言い添えたい。人生は喜びを見いだせればなんとかなるものです。経営に行き詰ったら、逆に積極的に楽しいことをやりましょう。お金のかからない楽しみ方を学ぶのも人生の大きな収穫だと思います。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ⇚ぽちっと一押しの応援お願い致します。

新学期のカリキュラムのご案内➡大験セミナー

« 10月は忙しい | トップページ | アラハバキ神とのファーストコンタクト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/402165/62020028

この記事へのトラックバック一覧です: 今年第1位のワード検索は:

« 10月は忙しい | トップページ | アラハバキ神とのファーストコンタクト »