最近のトラックバック

« 努力は努力する人間を裏切らない | トップページ | 気になる人酒井順子さん »

2015年6月26日 (金)

ようやく夏の気配が・・・

今年は涼しい夏の始まりで、蝉の声を聞かないなあ~と思っていたら、ようやく蝉が地面からはい出してきた。

今朝庭先で見つけた夏の光景だ。

1f05eecc

さて期末テストが終わると三者面談がやってきて、夏休みに突入だ。夏期講習のチラシをまだ作っていない。次から次へとやることが堆積して行くが、あせらずこなしていくか。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

新年度のカリキュラムのご案内➡大験セミナーHP

« 努力は努力する人間を裏切らない | トップページ | 気になる人酒井順子さん »

コメント

先生、こんにちは。
ちょっと驚いて、今日のブログを拝見しています。もう、アブラゼミが出て鳴いているのですか?しかもいつもより遅いとのこと。
神奈川のこちらでは、蝉は毎年、梅雨の終わる頃、明日から何日かはまとまって晴れるという日の前夜に一斉に羽化をはじめます。梅雨が長引くと、一斉羽化の晩は、樹に白いセミが鈴なりです。そこからは毎日徐々に羽化して行きますが、早くても7月に入ってからのような気がします。

不思議です。
気温の低い岩手の方が夏が短いからでしょうか。

(かねごん)
miho様コメントを頂きありがとうございます。
早い年は6月の半ばから、ジージーと蝉の声が聞こえてきます。今年はまだ全然鳴きませんね。
そうですね岩手は夏が短いので、蝉の鳴く期間は短いですね。8月に入ると秋の虫が鳴きはじめます。

昨晩、考えていました。
6月なかばには羽化する蝉は、土の中で7年間、岩手の空気を吸い、岩手の気温を肌で感じ続けて羽化する時を選ぶのですね。
この世に生を受けてから、一番大切な夏の日を、自分で選んで。
この写真の蝉は間違いなく岩手っ子なんだなぁと思ったら、感慨深い気持ちになりました。
あの、7月末から8月、夜もうるさくて寝られないほどの大合唱をする蝉たちは、きっと、間違いなく神奈川っ子。
蝉に妙な同朋意識が生まれました。

(かねごん)
miho様こんばんは。
僕の住む山里は、昨日からようやく雨が降り、畑の野菜はほっとしています。
昨日の羽化した蝉は、脱け殻を残して、飛び立っていました。どこかで雨宿りをしているのだと思います。
6月に入っても、ストーブが欲しい地域が岩手にはあります。岩手は広いですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ようやく夏の気配が・・・:

« 努力は努力する人間を裏切らない | トップページ | 気になる人酒井順子さん »