最近のトラックバック

« タイトルなし | トップページ | 自殺は良くない。しかしその状況を作っている社会そのものに欠陥がないと、誰が言い切れるだろうか »

2015年6月 6日 (土)

3つのフィールド

今週の朝、4時から6時まで僕が働いているフィールドは休耕田。

Photo


父が他界してから5年ほどは、この田んぼもお米を作っていたが、20年前からは休耕している。畑と農道を入れると草を刈る面積は東京ドーム1.5個分。1日2時間半の草刈り作業で10日間を要する。トラクターや草刈機械のモアーならその5分の1で終わるのだが、残念ながらそういった機械を買う余裕はない。

農業はやめた方が儲かる。やればやれほど赤字だ。なのになぜ農作放棄をしないのかと自問自答してみる。それはご先祖に対する礼儀というのか、鎮魂なのかも知れない。

僕の家は400年前にこの磐井の里に住み着いて以来、ずっと田畑を耕してきた。僕で18代目になる。その長い年月、命のバトンタッチをしてきた大地の恵みを経済効率だけで放棄する勇気は僕にはない。19代目の息子に委ねることにする。

そして8月まで僕が働く次のフィールドはここだ。

Photo_2

8月17日に一関ユードームで、大相撲一関場所が敢行される。そのスタッフとして大相撲一関場所実行委員会事務局で働いている。10年ほど前に、自分が大相撲場所のスタッフとして働く夢を見たことがある。塾教師が、そんななことをやるわけないよな~と思っていたら、正夢になった。

一関で大相撲場所が開催されるのは21年ぶり。チケットが欲しいかたは下記の所までお電話ください。僕の名前を言って頂ければ、対応いたします。良い席をお取りすることは出来ますが、割引は出来ませんのであしからず(笑い)。

No

そして夕方5時からのフィールドは本業の塾教師としての仕事だ。

2f25054cd1bb096a23842186d185d451syo


おかげさまで開校以来25年を数える。四半世紀で700名ほどの生徒がこの塾から旅立って行った。僕が29歳の時から25年間、様々なドラマがあった。きっと僕がギブアップしない限りドラマは続いて行くだろうと思う。

震災以後厳しい経営を強いられているけれども、ポジティブな僕はめげてはいない。めげてはいないけれど、塾だけでは食べていけないので、いろんなフィールドで頑張らざるを得ない状況ではある。

僕のフィルード は拡散し続ける・・・・

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

新年度のカリキュラムのご案内➡大験セミナーHP

 

« タイトルなし | トップページ | 自殺は良くない。しかしその状況を作っている社会そのものに欠陥がないと、誰が言い切れるだろうか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3つのフィールド:

« タイトルなし | トップページ | 自殺は良くない。しかしその状況を作っている社会そのものに欠陥がないと、誰が言い切れるだろうか »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ