最近のトラックバック

« 信念は、必ず人間の生きるべき道を照らす燈明となる | トップページ | 少彦名命の神様 »

2015年6月14日 (日)

国見平の三滝

春から家内は市内の障害者施設で働いている。僕も今月から昼の仕事と塾の仕事を両立せざるを得ない状況が続いている。ゆえに疲労が蓄積しているので、数時間の時間ができると、二人で温泉に出かけるのが休日のルーティンになっている。

僕は神社巡りが趣味。家内は今年になってから温泉巡りが趣味みたいになっている。一関・奥州市の温泉場はほとんど制覇した感があるが、やはり好みというのか温泉場の嗜好性というものがおのずと生じて来る。

全く個人的な好みで言わせてもらえば、僕にとってのいい温泉とは、施設の良さとか利便性ではなく、温泉の源泉の質に最終的に行く着くというのが本音だ。

その点で言えば、偶然なのか僕と家内の好きな温泉が奥州市衣川に集中する。黒滝温泉と国見平温泉の湯が気持ちいい。

特に国見平温泉の湯は、半日たっても肌に残り、身体を癒してくれる感覚が継続する。さらに巨岩や磐座を愛する僕にとって、国見には素晴らしい巨岩を落ちる滝がある。

Photo

三滝と呼ばれるこの滝は、怒涛の水量もさることながら、心を清らかにしてくれるパワーがある。この写真は本日撮ったものだが、皆様の心に中に清らかさが伝わって頂ければ幸いだ。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

新年度のカリキュラムのご案内➡大験セミナーHP

« 信念は、必ず人間の生きるべき道を照らす燈明となる | トップページ | 少彦名命の神様 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国見平の三滝:

« 信念は、必ず人間の生きるべき道を照らす燈明となる | トップページ | 少彦名命の神様 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ