最近のトラックバック

« 先入観 | トップページ | リボ核酸や塩基の配列で、人間の能力が決定づけられてたまるか »

2015年5月20日 (水)

奥州市胆沢愛宕神社




今日紹介するのは、奥州市胆沢に鎮座する愛宕神社である。この愛宕神社が祀られている石山は明らかに人工ピラミッド型の山で、巨石の一つ一つがまるで一塊の巨岩のような様相を呈している。

20140902_175318

この社があるのは、焼石岳をまじかに眺める胆沢愛宕小学校のすぐ近くである。神社の来歴によると、この地に愛宕神社を勧請されたのは昭和31年とあるので、この人工の石山は、古代から何らかの形で信仰されて聖地であろうと思う。

愛宕神社は各市町村に祀られているが、鎮火神社としての信仰が根強い。祭神はワカムスビノミコトや王城鎮護など。今回の写真も、青の光が山頂に放射されている。

20140902_175409

神社の入り口に上のような看板が飾られていた。この絵から想像するに、この愛宕山を造ったのは、あきた三吉という男なのだろうか。この愛宕山の歴史に詳しい方がおられたら拝聴したいかねごんである。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

新年度のカリキュラムのご案内➡大験セミナーHP

« 先入観 | トップページ | リボ核酸や塩基の配列で、人間の能力が決定づけられてたまるか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥州市胆沢愛宕神社:

« 先入観 | トップページ | リボ核酸や塩基の配列で、人間の能力が決定づけられてたまるか »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ