最近のトラックバック

« 能力主義というなの弱者淘汰主義 | トップページ | 理不尽で不公平がゆえに人は輝くことが出来るのではないだろうか »

2015年4月28日 (火)

大学生活にかかるお金

息子や娘さんを大学や短大に入れた親御さんは、入学金や前期授業料を振り込み、アパート暮らしが始まってホッとしていることと思います。大学受験の旅費からここまで、私立大学ならば150万、国立大学ならば90万は飛んでいったことと思います。

しかしお金の消費はまだまだ止まりません。入学が決まってから驚くのは、さらにこまごまと経費が掛かること。任意のものもありますが、自治会や同窓会、大学障害保険、大学生協(卒業時に返還される出資金)の加入費のほか、生命共済、火災共済、学生賠償責任保険、扶養者死亡保障保険などの手続きも。必要なら定期券代や自転車購入代などもかかります。くらくらしてきますね。

毎月かかる経費を平均的な金額で算出してみると、アパート代5万円、電気代7千円、ガス代5千円、水道代3千円、スマホ1万円、パソコン2千600円、食費は1日千円として、3万円。小遣いをのぞいても、これだけでほぼ11万ほどがかかります。そしてこれに半年ごとに大学の授業料の納入があるわけですね。

アパート暮らしをすれば、私立大・国立大にかかわらず、520万円ほどのお金が4年間でかかります。私立大学の場合は、これに4年間の授業料が400万円かかるので、トータル920万円、国立大学ならば700万円というところになります。

大学受験の指導をしていますと、ご父兄の皆様から受ける相談は、大学生活にどれだけのお金がかかるかという相談が多いです。ざっと上記のようなお金の話をさせていただくのですが、みるみる親御さんの顔は青ざめて行きますね。僕自身現在短大に通う息子がいますので、気持ちは痛いほどわかります。

そこで奨学金を借りたり、バイトをしたりで、平均毎月7万円ほどを学生は確保するのですけれど、それでも4年間で300万円ちょっと。どうしても600万ほどは、親が援助しなければなりません。これに成人式の着物代や、車をなんて話になると貧血が生じるのではないでしょうか。一人の子どもだけでも今の日本はこれだけかかります。

脅かすわけじゃありませんが、子どもが生まれたら、ひたすら節約して貯金をしないと大変なことになります。パチンコをしたり、居酒屋で気炎を吐いている余裕はありません。見栄で外車に乗ったりしてはいけません。もちろんナイスなおねぃちゃんがいる店もNGです。親業をやるのは大変なんですよ。きっと僕の貧乏話がブログの脚本でないことがわかると思います。・・・・crying

(塾からのお知らせ)

G.W 期間は、5月1日(金曜)5月2日(土曜)をお休みとさせて頂きます。それ以外の曜日は通常通りです。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

新年度のカリキュラムのご案内➡大験セミナーHP

« 能力主義というなの弱者淘汰主義 | トップページ | 理不尽で不公平がゆえに人は輝くことが出来るのではないだろうか »

塾からのお知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/402165/59800115

この記事へのトラックバック一覧です: 大学生活にかかるお金:

« 能力主義というなの弱者淘汰主義 | トップページ | 理不尽で不公平がゆえに人は輝くことが出来るのではないだろうか »