最近のトラックバック

« 今日は公立高校入試 | トップページ | 人生は喜びと芸術的な感性の輝きに満たされるべきものだ »

2015年3月10日 (火)

高校入試が終わる

午後になって高校入試が終わる頃、猛烈な吹雪になった。一関一高の入試を終えた生徒たちが、背を丸め北風に逆らうようにして、塾前の土手道を帰って行く。

受験を終えた塾生が教室に寄ってくれた。入試問題を眺めたが、不意打ちのアッパーカットのような問題はなかったようだ。数学と理科が基礎力重視の問題が多かったように思うが、社会と英語が昨年に比べると難易度が上がっているように思える。

国語の問題に、僕の大好きな詩人である川崎洋の詩が載っていたのにはびっくり。ちなみに学生時代に読み耽った外山滋比古の文章が載っていたのにもまたびっくり。問題文に使用したテキストの趣味嗜好が僕の感性と似ている今年の国語の問題だった。僕は川崎 洋さんにサインしてもらった詩集を持っていたはずだ。我が女房が僕の書斎(物置)の本を整理してしまっているので、現物が手元にないのだけれど、近いうちに探して読んでみようかなと思う。

生徒たちは明日学校で自己採点をやるはずだ。楽しみな人、そうじゃない人それぞれだと思うが、きっちり最後まで入試と向かい合ってもらいたい。

合格発表は1週間後の3月17日火曜日その前に中学3年生は卒業式を迎える。今年の中学3年生は3分の1の生徒が、そのまま高校生になっても塾を継続してくれることを表明している。ありがたい。

さて明日から申告の書類を作成しよっと・・・・

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

大験セミナーHP春期勉強会のご案内

« 今日は公立高校入試 | トップページ | 人生は喜びと芸術的な感性の輝きに満たされるべきものだ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高校入試が終わる:

« 今日は公立高校入試 | トップページ | 人生は喜びと芸術的な感性の輝きに満たされるべきものだ »