最近のトラックバック

« 人生は喜びと芸術的な感性の輝きに満たされるべきものだ | トップページ | いつかまた浪江の空を2015・3・11 »

2015年3月12日 (木)

あれから4年

20140902_175330

気仙沼で被災した少年の姿がマスコミで報道された。高倉健さんがこの写真を自分の台本の表紙に貼って、鼓舞していたという。

何も説明はいらないだろうと思う。10歳の少年の表情がすべてを物語っている。

震災後自衛隊によって道が確保されてすぐ、軽トラックで藤沢から気仙沼に入った時の衝撃は忘れられない。家族を探す被災者の方々の姿、行方不明者を捜索する自衛隊員の姿。そして永遠と続く瓦礫の海。

震災の地震で、僕の書斎(物置)の録音機材が崩壊した。半分壊れかかったカセットラジオで録音した僕の拙い歌を、神奈川県のとよ爺先生が、3年半前YouTubeにアップしてくださった。

僕自身しばらくの間この歌を歌えなかった。津波で亡くなられた方々、残された家族の方々の悲しみが押し寄せてきて3年ほど前から一度も人前では歌っていない。あれから4年が経った。

今日の岩手は雪の3・11となった。多くの鎮魂の祈りがささげられた。合掌

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

大験セミナーHP春期勉強会のご案内

« 人生は喜びと芸術的な感性の輝きに満たされるべきものだ | トップページ | いつかまた浪江の空を2015・3・11 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あれから4年:

« 人生は喜びと芸術的な感性の輝きに満たされるべきものだ | トップページ | いつかまた浪江の空を2015・3・11 »