最近のトラックバック

« 春期勉強会も受け付け中です!ちょっこら塾さ寄ってみでけらい | トップページ | 祈り »

2015年3月 7日 (土)

安全神話の崩壊

 様々なリスク管理において、参考になるはずの専門家の発言。しかしその信頼性は、福島原発事故をきっかけに大きく揺らいでしまった。近年のデータからも、それは明らかになった。  科学技術白書(2012 年)によると、「科学者の話を信頼できる」とする人は震災前の半分程度になり、「科学技術の研究開発の方向性は内容をよく知っている専門家が決めるのがよい」という回答は、3分の1程度まで激減したという。ただし全分野で信頼を失ったのではなく、原発や地震の領域で目立った。  

リスクの大きさは、引き起こされる被害の深刻さと、その発生確率によって決まる。その計算は専門家たちが担ってきた。  ところが福島原発事故で、その算術があてにならないことが明らかになった。業界の利益を優先してリスク評価をねじ曲げる専門家たちがいることが、わかったのだ。   

例えば、福島原発事故の5年前、東電は原子力安全委員会委員長に「津波が想定を超える頻度は数千年に一度程度である」という研究成果を用いて、原発の安全性を説明していた。しかし、その根拠は津波についてよく知らない電力会社の社員が中心になって、投票で津波の発生源や規模を決めたものだった。

科学的な根拠はほとんどないにもかかわらず、結果だけは精緻に数値表現され、立派に見える科学論文に仕立てられていた。  事故前、一部の専門家たちは、一般市民を「不合理なまでに原発を恐れている。   それは間違ったリスク評価に基づいている」と見下していた。しかし、「事故の確率は低い」という専門家の評価を疑っていた一般市民の直感のほうが正しかったのだ。

 事故後のリスクコミュニケーションでも専門家の不手際が目立った。被曝によるリスクを、数字を示して、あるいは他のリスクと比較して「心配するほどでない」と伝えるやり方は、背後に説得しようとする意図があると疑われると、信頼を失ってしまう。

(AERA2015年3月9日号掲載) 2015年3月5日(木)配信

安全神話の崩壊などというフレーズを何度も耳にしてきたけれど、原発の安全性がそれほど確かなものならば、東京湾や相模湾近くに原発を作って電力を供給すればよかったはずで、東北から東京までわざわざ莫大な長さの電線を通して電力を運んでくることなどなかったはずだ。詭弁を弄するのに、学術的に権威のある学者を利用し、国民を洗脳してきた結果が、今回の悲劇を生んだと思っている。

福島や青森は、人が少ないし、首都圏から遠いので、原発が万が一崩壊しても、最小限の被害で済むだろう、なんていう本音を科学技術の専門家が言うはずもない。しかしそのことは多くの国民が暗黙の了解で、ことを運んできたことだ。

役人や政府お抱えの学者たちは、国のためや、国民のために何かをなそうとするのではなく、自分の地位や経済の基盤を守るために、平気で嘘をつく人種であることを、今回の原発や放射能をめぐる報道で、いやというほど思い知った。

自分の命や健康は自分で守らなければならない。言葉で言うのは簡単だけれど、現実は難しい。しかしその困難さに立ち向かわなければ、将来の日本は危うい。そのことを僕らは肝に銘じなければならない。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

大験セミナーHP春期勉強会のご案内

« 春期勉強会も受け付け中です!ちょっこら塾さ寄ってみでけらい | トップページ | 祈り »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安全神話の崩壊:

« 春期勉強会も受け付け中です!ちょっこら塾さ寄ってみでけらい | トップページ | 祈り »