最近のトラックバック

« 『君がいる理由』 | トップページ | 『アリとキリギリス』と『ウサギとカメ』の話は、何度読んでも面白い »

2015年2月12日 (木)

思考するゆえに面倒くさい存在でもある

我々人間は、思考する存在がゆえに優れている生き物のように思われるかもしれないが、思考するゆえに面倒くさい存在でもある。

朝起きてから眠るまで、実に様々なことを考える。仕事のこと、昼飯のこと、お金のこと、家庭のこと、瞬時瞬時にありとあらゆる想念が駆け巡って行く。残念ながらそのほとんどが欲望に根ざした思考だ。

この面倒くさい存在を、コントロールするすべはないのだろうかと、凡人の欲望にまみれた僕はそれこそ思考する。

人間の幸福というものが取り沙汰されるたびに、幸せって何だろうと自問する。思考して幸せが舞い込んでくるならばいくらでも思考するのだけれど、思考力と幸福度は残念ながらリンクはしないようだ。

考えれば考えるほど人間は幸福から遠ざかって行くように思うのは僕の気のせいだろうか。単純な思考回路で動いている人間のほうが楽しそうに見えることが多い。

確かに悩んでも悩まなくても明日という日はやって来る。人生の様々な局面を想定して用心深く生きていくことが大切なことのように我々は教育されて育ってきたけれども、鬱的傾向が拡散している社会に於いて、もっとざっくばらんな軽薄な人生でもいいのではないだろうか。

見栄やはったりだけでも困るけれど、苦悩する人生がいいわけでもない。イエスキリストも考え過ぎるとよくないと言っている。ケセラセラだ。

Look at the birds: they do not plant seeds, gather a harvest and put it in barms; yet your father in heaven takes care of them! Aren't you worth much more than bireds?

Can any of you live a bit longer by worrying about it ?

空の鳥をよく見なさい。種もまかず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。だが、あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。あなたがたは、鳥よりも価値があるのではないか。

あなたがたのうちだれが、お思い悩んだからといって、寿命をわずかでも伸ばすことができよう。(聖書ルカ 16 13)

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

大験セミナーのHPはこちらです⇒http://daikenseminar.jimdo.com/

« 『君がいる理由』 | トップページ | 『アリとキリギリス』と『ウサギとカメ』の話は、何度読んでも面白い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/402165/58906848

この記事へのトラックバック一覧です: 思考するゆえに面倒くさい存在でもある:

» 明日を思わない人間 [哲学はなぜ間違うのか]
また、明日の生活が不安であるとか、もっとがんばらなければ落ちこぼれて不幸になるに違いないと思っている人には、がんばりどころがなくてひまだけがあると不安になるでしょう。明日の不安というものがない、あるいは、明日を心配しない人々がいるとすれば、その人たち...... [続きを読む]

« 『君がいる理由』 | トップページ | 『アリとキリギリス』と『ウサギとカメ』の話は、何度読んでも面白い »