最近のトラックバック

« 何かが変化してきている | トップページ | 当たり前のことだが僕は死ぬ »

2015年2月 2日 (月)

年甲斐もなく

昨日は中3最後の白ゆりテストだった。試験監督を家内に頼んだのだが、僕の体調が悪かったわけではない。

実は地元公民館主催の卓球大会があり、我が刈生沢・払田チームは9連覇がかかっており、召集された。見事団体は破竹の9連覇。個人戦は決勝戦で力尽きた(笑い)。

20140902_175318


個人戦は、1回戦から決勝戦まで、中学時代東北大会まで出場した10代から30代の若者を相手にしての戦い。息子より若いアスリートを前にして、たかが地区の大会なのだが、思わずスイッチが入り、無茶な戦いをしてしまった。

ゆえに昨日の夜は足がつり、今日は身体がロボットのようだ。団体のダブルスそして個人戦と、9試合をこなした。今週54歳を迎えるというのに、年甲斐もなく僕は何をやっているのだろう・・・・。反省である。

僕は体力はないし、卓球そのものがうまいわけではない。僕の使っているラケットがちょっと曲者なだけである。僕の使用しているラケットは中ペンと言って、両面にラバーがついているペンホルダーラケットだ。表はドライブ用の特厚のラバー、そして裏面は粒高ラバーと言って、特殊な変化をもたらすラバーを張り付けている。

粒高ラバーを使っての3球目攻撃ができるのは、今の学生ではほとんどいない。シェイクハンドラーバーの粘着質なラバーが主流なので、僕のようなタイプはまずいない。ゆえに僕の打ち出す球質は、ほとんどの生徒には異質なものとなる。

卓球関係者にしかわからないような話を書いてしまったけれど、簡単に言ってしまえば、僕の卓球はずるいのである。そんなずるい人間が中学校の卓球をコーチをしているわけで、確かに他所のチームから嫌われるのはしょうがないか・・・・・。ドンマイだ(笑い)。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

大験セミナーのHPはこちらです⇒http://daikenseminar.jimdo.com/

« 何かが変化してきている | トップページ | 当たり前のことだが僕は死ぬ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年甲斐もなく:

« 何かが変化してきている | トップページ | 当たり前のことだが僕は死ぬ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ