最近のトラックバック

« 本の神さま | トップページ | 自分を信じない者に、チャンスは訪れない »

2015年1月29日 (木)

自動詞と他動詞

英語には自動詞と他動詞がある。目的語を必要とするのが他動詞だ。目的語を必要としないのが自動詞だ。

動詞によっては、自動詞・他動詞両方の働きを有するものが多い。

I run in the park. この場合のrunは、もちろん『走る』という意味で自動詞の働きだ。ところが I run the book shop.  となるとrun は『経営する』という他動詞の意味を持つ。

ここで文法的にやっかいな動詞が頻繁に登場する。例えばlook at は、~を見るという動詞で明らかに他動詞であるが、僕らが受験生の頃は、自動詞 look に前置詞 at がついた形であるなどという説明があって、はあ~?って感じで眺めていたものだ。

今は高校英語ではあまり使わなくなったが、参考書に完全自動詞・不完全他動詞などという説明が頻繁に現れたりして、もやもや感に支配されたことを覚えている。

英語を学んでいるというより、英語学を学んでいる感じで、これって何か役にたつのかと思ったりしたのだけれど、はっきりいってしゃべることには関係ない学問だったような気がする。

確かに日本語の文法もそうだ。自分たちがしゃべっている動詞が五段活用の動詞なのか下二段活用の動詞なのかなどという知識は、話すのに邪魔になることはあっても、会話力に役立つことは決してない。

高校英語の授業から文法という教科が消えて久しい。その代わりオーラル・コミュニケーションとか、コミニュケーション・イングリッシュなどの長い横文字のタイトルがついた授業が登場し、高校は会話重視の英語教育が盛んかのように思ってしまう。

数年前、文科省は高校の英語の授業をオールイングリッシュでやるべしというお触れを発した。現場を知ろうとしない官僚が暴走した感がある。それを鵜呑みにして素直に追従した学校長もいたらしいが、まさにオーマイガーである。

英語を聞き取る能力や話す力は、残念がら中学校や高校の教育では身につかないのが現実だ。その理由は明らかだ。

受験のための英語だからだ。センター試験の英語を見ればそんなことは誰でも分かる。細々とした語法問題は、まるでパズル・クイズだ。一応とってつけたようにリスニングテストが実施されているが、グローバル化を目指す語学教育の根本を変革するには程遠い。

英検の1級の問題のように、テーマに沿った論文を英語で書かせる試験のほうが、ガチで英語の表現能力がつくだろう。それが書けなかったから大学入試を諦めろというのも酷だが、もともと英語の能力を、コンピューターで採点したいがために4択で出そうということ自体が無理がある。それを言っちゃ、全ての教科がほころび出すわけだけれど、6年後にはセンター試験が廃止されるらしいので、画期的な選抜入試が行われることを期待したい。

僕は塾で小学校・中学校の全教科を教えているが、受験にでるから覚えなさいというしがらみは正直つらい。数学の素数を並べて、「美しいだろう」などと子ども達に問いかける発想はさすがにないが、少なくとも英語はちょっとした英会話が出来るようになれば、間違いなく人生に於いて役立つものだ。

でも、生徒にとっては受験に受かるために英語力が必要なわけで、長文の英語を読む能力が必要とされる。時事問題や西洋の歴史、トリッキーな笑いを読み取る能力など、その内容は多岐に渡る。英語以前の能力が試されるのだ。

実際僕の塾が、明日から英会話の教室になったら、塾生は来なくなるだろうと思う。需要と供給が違うのだ。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

大験セミナーのHPはこちらです⇒http://daikenseminar.jimdo.com/

« 本の神さま | トップページ | 自分を信じない者に、チャンスは訪れない »

コメント

「はっきりいってしゃべることには関係ない学問だったような気がする。」
なぜそう言い切れるのでしょうか。インプットしていないものをアウトプットすることはできないと思うのですが、日本人の我々が英語のインプットを文法以外にどのようにして行えば良いとお考えですか。

「伊藤和夫の英語学習法」に、外国語として幼児期を過ぎてから学ぶ場合は、理解して学ぶほかなく、言葉を理解するためには「言葉の言葉」を避けては通れない、つまり文法を習うことが必要だ、と書かれています。

富田一彦氏の授業でも、猿から人に進化したように、物事を規則的・体系的にみなすことで、ネイティブの人が幼児期に行った無限に近い反復練習をせずとも、理解できるようになる、と仰っていました。

問題は教える側(人や本など)にあると思います。そもそも文法用語はわかりやすくするためにあるわけで、それによって分かりにくく感じるのは教える側のせいであって文法用語自体に問題はないと思います。


ちょっとした英会話が人生において役立つ、とありますが、具体的にどういう意味でしょうか。
私は英語が喋れるだけの日本人に価値はほとんどないと思います。訊かれたことに対して的確に論理的に回答する、自国の文化を理解し発表する、他人の意見をしっかり理解したうえで自分の見解を述べる、そういった能力の方がはるかに求められていると思います。そういう意味では、外国語を文法を通して構造的に学ぶことや、4択であろうと受験であろうと問われたことに答える訓練や、極端な話、退屈な文法の授業を受けること自体も決して無駄ではないと思うのです。もちろんそれで十分だとは思いませんが。

逆にそのような能力さえあれば英語は話せなくてもいいとすら思います。瞬時に自動翻訳・通訳ができるような装置も開発されていくなかで、外国語を話すこと自体が無価値になるとは言いませんが、少なくとも英語以外の勉強が疎かな状態で「ちょっとした英会話」を習うのは順番が逆であるような気がします。

「テーマに沿った論文を英語で書く」にしても、文法(「言葉の言葉」)を習うことは必要だと思いますし、「英語の表現能力」をつけようにも、日本語の表現力が養っていなければ書けないと思います。

(かねごん)
コメントを頂きありがとうございます。
文法の大切はまさにそうだと思います。英語を学ぶことで英語が話すことが出来なくても、思考的な頭脳の発達には間違いなく語学の勉強は役立ちます。
しかしそれはあくまでも一定レベルに達した方々ですね。中学校英語の文法が咀嚼できない子どもたちにとって、今の英語教育は正直困窮極まりない状況です。
ご指摘のように、教える側の問題もあるでしょうし、学校の指導体制にも様々な問題点があると思います。
極論を言えば、英語をやりたくないものはやらなくてもいいのだろうと思います。違うことにエネルギーや時間を割くことが有意義であるかもしれません。
ちなみに大学や短大を出た人間は、少なくても7年間英語を勉強してきたはずです。
日常の会話をアメリカ人や英語を母国語とする人間と、どれだけの日本人ができるでしょうか。
莫大な国家予算と人材を投入しての日本という国を眺めると、日本の英語教育に僕は戸惑ってしまいます。
戸惑い続けているうちに、年をとりリタイヤーしていく自分を想像するといやになってしまいます。
英語教育を精神性を中心に論じてきたのは、僕らの上に常に君臨してきた団塊の世代でした。
僕らの世代は、中学時代に初めてカセットラジオを手にした世代です。今はバイリンガル教育を施されてきた世代が英語教師になっている時代です。
ゆえにますます文法というものが学校教育から遠ざかりつつあります。それがいいとか悪いのかという論点となると、実は僕もあまり自信がありません。
英語が堪能な先生が教育の現場で発言権を増すことは、仕方がないことだと思いますが、英語の精神論が消滅するのもどうかと思うこの頃です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自動詞と他動詞:

« 本の神さま | トップページ | 自分を信じない者に、チャンスは訪れない »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ