最近のトラックバック

« 心療内科に行けば、何がしかの病名を頂くかも知れない | トップページ | 岩手は24位 »

2015年1月 7日 (水)

学校教育が児童や生徒に教えないできてしまったこと

学校教育が児童や生徒に教えないできてしまったこと、それは人生を楽しむ方法だ。

快楽は黙っていても、人間は追求する。しかし人生を楽しむことはなかなか難しい。

努力の先に栄光が待っているとか、忍耐が大切だとか、そういったフレーズはよく耳にしてきたが、人生を楽しむ方法は学校では教えてくれなかった気がする。

苦虫を噛み潰したような受業のなかで、人生を楽しむ方法を教えてもらうことはなかった。

だから僕は、人生を楽しむ方法を子どもたちに教えたいと思ってきた。お金や地位や名誉も確かに人生を楽しむツールではあるが、心から楽しいと感じる人生は、間違いなく愛する人がいることだ。

2f25054cd1bb096a23842186d185d451syo

そうなんだよ。人を愛することを学校では教えてくれない。LOVEが大切なのに、愛する方法を教えてはくれない。残念。だから性欲と愛の違いさえも分からない生徒たちがうようよいるんだよな。

本当は数学の公式よりも、化学反応式よりも、人を愛することのほうが大切なはずなのにな・・・・。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

大験セミナーのHPはこちらです⇒http://daikenseminar.jimdo.com/

« 心療内科に行けば、何がしかの病名を頂くかも知れない | トップページ | 岩手は24位 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学校教育が児童や生徒に教えないできてしまったこと:

« 心療内科に行けば、何がしかの病名を頂くかも知れない | トップページ | 岩手は24位 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ