最近のトラックバック

« 砂場が池に変身 | トップページ | 鬼嫁のミッションパート2 »

2014年9月 1日 (月)

ジャズ・ピアノで一番うまいピアノマンは誰と聞かれたら

9月になった。これからの季節はジャズが心にしみる。特にサックスやピアノのメロウな音が、秋が深まるにつれて彩りを増していく。

ジャズのピアノ弾きで好きなピアノマンはいっぱいいる。ここに名前を列記したら、名前だけで今日のブログ記事は埋まってしまうだろう。

僕が今ままで聴いてきたジャズ・ピアノで一番うまいピアノマンは誰と聞かれたら、間違いなくオスカー・ピーターソンだ。彼はクラシックを奏でてもすばらしい。

オスカー・ピーターソンのピアノは、ある種知的で、そしてリズムそのものだ。僕は落ち込んだときはサックスのジャズを聴くことが多いのだが、やすらぎたい時はジャズピアノの音を希求する。

昼寝をしたい時など教室でピアノ・ソロを聴いていると3分もしないうちに眠りに落ちてしまう(笑い)。

オスカー・ピーターソンの代表作と言えば『酒と薔薇の日々』であるが、作曲や編曲の名手でもあった。

2007年12月23日のクリスマス前夜に、82歳の生涯を終えた。彼のピアノは本当に美しくてそして力強い。

ジョンビリングさんのライヤーコンサートのごあんない⇒震災特別支援コンサート

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

« 砂場が池に変身 | トップページ | 鬼嫁のミッションパート2 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ・ピアノで一番うまいピアノマンは誰と聞かれたら:

« 砂場が池に変身 | トップページ | 鬼嫁のミッションパート2 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ