最近のトラックバック

« 最近気になる事 | トップページ | 従軍慰安婦問題 »

2014年9月 6日 (土)

石田衣良『約束』

先月から石田衣良の小説にハマっているが、今日もまた彼の小説を紹介したい。

2004年に出版された短篇集『約束』は、涙なくして読むことが出来ない作品だ。家族に突然降りかかる悲しみ、命のはかなさと命の愛しさが、読み手の感情をこれでもかと揺さぶって来る。

Photo_2

一緒にいて当たり前の家族の存在が、突然終ってしまう悲しみ。僕らは、その時何を思い、何を考えるだろうか。

人は誰もが死を迎える。それは予測が出来ないこと故に、残されたものが消化するにはとても複雑で多面的だ。

石田の作品は、他界した魂を主人公の救済の担い手に据え置くことで、喪失感の風穴を埋めていく。癒やしがある悲しみのドラマだ。

僕は魂の存在を否定しない。肉体の死が存在の終焉だとは思っていない。生きることにも死ぬことにも、すべてに意味がある。

生まれ来る命、去りゆく命、そのダイナミックな営みは、地球の営みであり、宇宙の意志だと思っている。僕らは輪廻転生の中で、失われた時代を修復し、新たなドラマの土台を築いて行く。

幸せな人生や、不幸せな人生が仮にあるとすれば、それは生き方の違いではなく、想いの違いだ。僕らはどう生きるかに重点を置きすぎて、自分の命の個性に意識がいっていないのではないだろうか。

失ったものは、戻っては来ないかもしれない。しかしその喪失さえも人生には意味がある。そう考えれば、決して無駄な人生などない。言葉が、視線が、そして存在が、宇宙を創造していく。僕はそう思っている。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

« 最近気になる事 | トップページ | 従軍慰安婦問題 »

おすすめの本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石田衣良『約束』:

« 最近気になる事 | トップページ | 従軍慰安婦問題 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ